2011年1月28日金曜日

「非有・非無」の中道に関しての補足・2

仏教参考書追加

「チベット仏教・菩薩行を生きる―精読・シャーンティデーヴァ『入菩薩行論』」Sonam Gyaltsen Gonta (原著)・ソナム・ギャルツェン ゴンタ (翻訳)・西村 香 (翻訳) 大法輪閣

ようやくに手に入れることができました。また機会を得て読み進めて参りたいと存じます。

「非有・非無」の中道に関しての補足・2

「帰謬派の離辺中観解釈 四津谷孝道氏・論著 駒澤大學佛敎學部論集第33號 平成14年10月」 p64より抜粋・・

・・ツォンカパの離辺中観解釈の特徴は以下の三点に纏められよう。

1)「諦」(=自性)が否定され、「諦無」(=空性、無自性)に執着する(=「諦無」と理解する)知が否定されることは不適当である。

2)「非有・非無」は、「勝義としては有ではなく、世俗としては無ではない」と理解すべきである。

3)分別によって捉えられた対象はすべて、真実を考察する正理によって否定されるべきではない。

・・ここまで。

「勝義としては有ではなく、世俗としては無ではない」・・

「世俗としては無ではない」ということに関しては、通常の世俗(=言説)というところにおいての『「効果的作用の能力」としての「事物」』というものは、もちろん、実在・実体・自性としてある「モノ・コト」というものではなく、属性(一般にあるものに共通して備わっているとされる性質や特徴)として、「言説」によって明確に限定づけられた観念によるものとして認められうるものであると考えられます。

一方で、世俗は世俗でも、「勝義的世俗」・「随順勝義」においては、「無自性」ということをめぐって、実体としての「無自性」は当然に否定されるが、非実体的な「無自性」は有るとして考えていくことが重要であると理解しています。

とにかく、ツォンカパ論師の「正理」に関する理解の整理も必要であります。

・・

「非有・非無」の中道に関しての補足・1

「帰謬派の離辺中観解釈 四津谷孝道氏・論著 駒澤大學佛敎學部論集第33號 平成14年10月」 p67-68より抜粋・・

・・事物には、勝義と世俗(=通常の言説)のいずれにおいても否定される「実体的な事物」と世俗において認められる「効果的作用の能力」としての「事物」が想定される。つまり、事物に関しては勝義としては「実体的な事物」は無いけれども(→勝義として「非有」)、世俗においては「効果的作用の能力」としての「事物」が有る(世俗として「非無」)。一方、「無自性」に関しても実体的な「無自性」(→「諦執」即ち「悪取空見」の対象としての「無自性」)と「勝義的世俗」と理解されるところの「随順勝義」として認められる「無自性」がある。つまり、世俗(=言説)レベルでは、前者は否定されるものであり、後者は否定されないものである。換言すれば、勝義としては「無自性」は成立しないが(→勝義としては非有)、世俗としては成立するのである(世俗としては非無)。
 ここで重要なのは、「事物」が認められる所の世俗は、「通常の世俗(=言説)」(rang dga' ba'i tha snyad)であると考えられ、「無自性」が認められる所の世俗は「勝義的世俗」即ち「随順勝義」であるということである。・・抜粋ここまで。

「無自性」についての実体視の扱い、「効果的作用の能力」としての「事物」の扱いをどのように理解していくかというところが一つの要点であると考えております。

・・

「ツォンカパの中観思想 - ことばによることばの否定- 四津谷孝道著 大蔵出版」の再々再々読を致しております。

第8章 自立論証批判(1)p282-283より抜粋・・

・・「中観」の「中」とは「非有・非無」すなわち「有」でもなく「無」でもないということを示し、それには少なくとも二つの理解があると考えられる。一つは、「非有・非無」ということをことば通りに捉え観想し、思惟のあらゆる対象を超えて得られる無分別な知の状態のことである。(勝義的離辺中道解釈)。もう一つは、先にも言及したように、「非有・非無」ということを「諸々の事物は、勝義においては無であり(→非有)、世俗としては有である(非無)」と理解し、「中」ということが明確に概念的な内容を伴ったものとして捉えられた分別知の状態のことである(二諦的離辺中道解釈)。
 そして、「中観論者」とは、究極的には、上の二つの「中」の理解のうち、前者に至るために後者の「中」を明らかにすることに努める人々、厳密に言えば、世俗においては有るとされるものを依拠としながら、それが勝義においては無であることを示すことによって、概念的思考を超えることに腐心する人々のことである、と考えられる。したがって、このような形で「ことばによってことばを超えること」、つまり「ことばによってことばを否定すること」に努める人々が、中観論者と考えられるのである。・・抜粋ここまで。

さて、やはりここで問題となるのは、「無分別知」を最高の真理として、勝義的離辺中道解釈、二諦的離辺中道解釈のどちらにしても「無分別知」を目指して、最終的には「戯論寂滅」を志向するのかどうかというところであります。現段階の私の見解では、やはり最終的に「戯論寂滅」を志向することについては懐疑的なところがあります。とにかく、ここのところは課題として考察継続であります。

・・

第3章 正理のはたらき p57より抜粋・・

縁起ということの理解を通して、実体的な有(sat)に対する執着である常見あるいは虚無としての無(asat)に対する執着である断見のいずれにも傾倒することなく、空に徹していくことが、中観思想の特徴の一つである。しかし、そのような中観思想は、自らが克服したはずの常見あるいは断見にすぐさま傾倒してゆく危険性を常に自らの中に潜ませている。もう少し具体的に述べれば、縁起ということの理解を通して得られた諸存在の空性そのものが逆に実体化・絶対化され、あるいは空に徹するあまり、実体的なものだけに止まらず、真理に至る過程において依拠となる言説あるいは世俗の世界までもが否定されてしまうという危険性が中観思想自身に常に潜在しているのである。・・抜粋ここまで。

ツォンカパ論師は、上記の危険性の回避をいかにして図ったのかをしっかりと見極めて理解していくことが重要となります。

・・

「禅思想の批判的研究 松本史朗著 大蔵出版」の再々読に入っております。

現代仏教は、果たして真なるお釈迦様の説かれた教えであると言えるかどうかは、95%ほど、違うと言わざるを得ないところがあるのではないかと考えております。特に大乗仏教に関しても、98%、怪しいと考えざるを得ないでしょう・・

現代仏教から、純粋仏教を抽出するとするならば、実在論・実体論、(ウパニシャッド・ヴェーダンタ的)一元論、(ジャイナ教的)二元論・相対主義・不定主義、更には、神秘主義的・反知性主義的不可知論、懐疑論といったものに当該する思想・哲学を現代仏教から排除していかなければなりません。

また、松本史朗氏の「基体説」からの批判的検討を加え、如来蔵思想・仏性思想的要素も完全に排除させなければなりません。もちろん、「基体説」から導き出される仏性内在論・仏性顕在論的要素についても排除させる必要があります。

そして、現代仏教における儀礼祭祀的な形式面にとらわれてしまっての形骸化、現世利益的な祈祷・祈願・呪術の受容拡大などの神秘主義化・雑密化、また、土着信仰との融合や神仏習合などによっての教理の曖昧化といったことに関しても当然に排除対象となります。

上記の排除結果として、純粋に仏教と考えられる思想・哲学を抽出することによって、真なるお釈迦様の教えに関して、再構築をしていくことが大切になると考えております。

・・

「第一章 禅思想の意義」における「無分別知」を巡る議論については、特に刮目して理解する必要があります。

とにかく、「仏教」に関することにおいて、私たちが普段当たり前として何気なくこういうものであると、すっかりと信じて疑わないものとなってしまっていることであっても、しっかりと検証考察、批判的検討を行っていくことが大切であると痛切に感じるところでございます。

ただ、長年続いてきた慣行・慣習・慣例、伝統・習わし・しきたり・ルールだからと、何となくそれで正しいと鵜呑みにして過ごしていくということでは、時に既に危険な誤りに陥ってしまっていることもあります。

仏教史上においても、「無分別知」という概念に関して、それがまるであたかも「真理・悟り」へと至るための錦の御旗であるかのように宣揚され続けてしまってきている弊害について考えを及ぼすとき、その被害の甚大さは、いまだに計り知れないものがあると思われます。

仏教の歴史は、その初期の頃より、実在論・一元論、あるいは二元論、または、神秘主義的・反知性主義的不可知論へと傾斜してゆき、やがて仏教最大の真理要諦である「縁起」を破壊し、非仏教化の道を歩み続けてきてしまったことへの深い反省が必要であると存じております。

チベット仏教哲学の意義
『チベット仏教哲学』松本史朗著(大蔵出版)よりの抜粋の参照・・
http://page.freett.com/mishima/tibetph1.htm

・・

「第六章 深信因果について」p611から抜粋・・

「・・縁起説の解釈を決定的にするのは、縁起説が指示している宗教的時間の時間性を解消する方向に向かうのか、それともそれを死守しようとするのかという一点にあるのである。もしそれをひとが解消したければ、過去と未来は相対的であるとか、因と果は同時で相互に依存している(法界縁起)と説けばよいし、もしそれを守りたければ、因と果は"三世"として、相互に全く隔絶した不可逆のものとして厳然として存在していると論じなければならないのである。つまり、時間性の本質は因と果の隔絶性と不可逆性(一定方向性)にあるのである。すなわち、もし因と果の隔絶性を認めずに両者の連続性が説かれるとすれば、因果は異時なものとして別個にわかれて存在することはできず、同時なものとして一点に収束し、それによって時間は解消されてしまうので、それを防ぐために、因果の隔絶性、異時性が強調されなければならないのである。・・」・・ここまで。

非常に重要な内容であります。

しかし、再読が終わった松本史朗先生の「仏教思想論 上 大蔵出版」に続く「下巻」の刊行が誠に待ち遠しいですね。

・・

仏教論考考察

「基体説」論考3-4
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51788684.html

「基体説」論考1-2
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51786543.html

「場所の哲学」と仏教
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51784548.html

"dha(_)tu-va(_)da"「ダートゥ・ヴァーダ」・基体説について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51783852.html

チベット仏教・「シュクデン」崇拝問題から考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51777157.html

ダライ・ラマ14世師と毛沢東・中国初代国家主席との会談について考える
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51776609.html

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・6-7
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51774538.html

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51773161.html

余談「批判的思考の必要性について・1」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51772472.html

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・4
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51771197.html

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51770905.html

「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を一読して
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51769465.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4-5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51768858.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

・・

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51777157.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第四弾
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51777157.html

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社
「縁起と空 如来蔵思想批判」松本史朗著・大蔵出版
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「禅思想の批判的研究」松本史朗著・大蔵出版
「道元思想論」松本史朗著・大蔵出版
「法然親鸞思想論」松本史朗著・大蔵出版
「仏教思想論 上」松本史朗著・大蔵出版
「法華経思想論」松本史朗著・大蔵出版
「中国仏教の批判的研究」伊藤隆寿著・大蔵出版

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾