2010年9月30日木曜日

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・3

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・3

さて、引き続きまして、「道元思想論」の内容に関しまして、著者の松本史朗氏は、論著の中で、如来蔵思想を「仏性内在論」と「仏性顕在論」との二つの定義を仮説されました。

では、「仏性内在論」と「仏性顕在論」、それぞれ一体、何が問題となっているのかにつきまして、今回は考えて参りたいと存じます。

まず、そもそも如来蔵思想(仏性思想)の抱えている最大の問題は、「如来蔵・仏性」(仏となる性質・本質・本性)というものの扱いにおいて、それらを「絶対的な存在・実在・実体・自性・自相」として立論してしまう懸念であります。

松本氏の根本的な視座は、「如来蔵思想(仏性思想)は、基体説である」として、その「基体説」から展開されている様々な仏教における教説を批判・否定されているところにあります。

基体説とは、究極的な真理としての基体(基本・基底・基盤・根本・根底・根源など本質体)というものが、「絶対的な存在・実在・実体・自性・自相」としてあるのだと想定・仮説した上で、それらから、あらゆる事物・事象・現象が生じていると説明する「発生論的一元論」・「生成流出論的根源論」・「絶対的一元論」であります。

そして、仏教の目指す涅槃へ向けて、上記のような基体としての「仏性」というものを証・覚・悟することに精進努力することが仏道修行となります。また、その基体としての「仏性」をどのようにして顕現させるべきかという考え方ついて、「仏性内在論」と「仏性顕在論」においての相違があります。

「仏性内在論」は、私たちは、それぞれにおいて「仏性」というものを本来持っているものとし、その「仏性」を覆い隠してしまっている「煩悩(妄想・妄心・妄念・執着)」によって、迷い苦しみを輪廻してしまうため、その「煩悩」を取り除き、もともと持っている「仏性」を顕現させることによって、輪廻からの解脱を図り、涅槃へと至ろうという考え方であります。

「仏性顕在論」は、あらゆる事物・事象・現象そのものが、「仏性」の顕現であるとして、そのままで顕在している「仏性」が「仏性」として顕現していることを証・覚・悟することによって、涅槃へと至ろうという考え方であります。

「仏性内在論」は、「仏性」と「煩悩」という二元論を扱います。簡単には、「きれい」と「きたない」と言えます。「きたない」に覆われて隠された「きれい」を「きたない」から取り除くことが大切となりますが、「仏性内在論」においては、そもそも相反するもの同士が混在していること自体に矛盾があり、また、「仏性」は「絶対的な存在・実在・実体・自性・自相」であるが、「煩悩」は、そうではなく、取り除くことができるもの、滅することができるものということでは、ご都合主義も良いところとなってしまいます。

また、「無常なるものは苦である」という仏教の基本的な考え方からすれば、「仏性」は「常」で、「煩悩」は「無常」となります。「煩悩」は「常」ではなく、なぜに「無常」であると説明するのかというのは、もしも「無常」でなければ、取り除くこと、滅することもできないこととなってしまうからであります。そして、「無常・苦」なるものを「悪」とすれば、「仏性=善」、「煩悩=悪」という図式として、「煩悩=悪」なるものを徹底的に排除していくということになります。

そうすると、常ではない無常なるものは迷い・苦しみをもたらす悪なるものだから無くせば良いとして、無常なるものは何かと、身体(肉体)・心(思慮・思考・概念・分別)だと、あれもこれもと徹底的に排除していくべきものを挙げていき、その結果として、身体(肉体)を極端にいじめ、更に心も極端にいじめてゆく修行へと至っていってしまったりする例が、重傷・瀕死となるような「難苦行」であったり、または、禅定における「不思不観・無念無想」であります。更に極端な例は、身体も心も無常は無常なるもので、なかなかどうにもならない、ならば、身体も心も捨ててしまえば、無常なるものは無くなるとして、「死ねば良い」という考えに至ることにもなってしまいかねません。あるいは、いずれ死ねば、自然と「仏性」が顕現してくれるだろう、「仏性」がもともとあるのであれば、「別に何もしなくても良い」・「好き勝手にしていれば良い」ということで、修行不要論・仏教不要論といった弊害も生み出してしまう危惧も控えています。これは、「仏性顕在論」においても言えることとなりますが、「仏性内在論」は基本的には、修行必要論を扱い、涅槃へ向けて、「仏性」を覆い隠してしまっているものを取り除こうとしていくことを目指していきます。

では、次に「仏性顕在論」における問題点につきまして考えて参りたいと存じます。

※現在進めております如来蔵思想(仏性思想)関連の考察は、あくまでも中観思想(帰謬論証派)の立場をいったん脇によけておいてのものでありまして、その点はあしからずにご了承の程を宜しくお願い申し上げます。

・・

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・2

前回に引き続きまして、「道元思想論」の内容に関しまして考えて参りたいと存じます。

道元禅師の思想変容についての論考の中で、松本史朗氏は、如来蔵思想に関しまして、二つの定義を明らかにされます。

如来蔵思想(仏性思想)

仏性内在論・・仏性は、人間存在、特にその肉体の中に存在しているとする考え方。(心身)二元論の立場。

仏性顕在論・・現象的な個々の事物に仏性が全面的に現れている。現象的事物そのものを仏性と見る考え方。絶対的一元論の立場。

如来蔵思想(仏性思想)は、インドにおけるヒンドゥー教の「梵我一如」思想を起源として、その考えを仏教が取り入れていくことによって発展していった思想と考えられています。

「梵我一如」思想とは、「梵《ぼん》(ブラフマン・宇宙を支配する原理)」と「我(アートマン・個人を支配する原理)」が同一であること、また、これらが同一であることを悟ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想であります。

しかし、如来蔵思想(仏性思想)は、仏教の基本法理としてある「諸法無我」や「空の思想」・「中観思想」との矛盾が指摘され、現代においても議論が展開されるところであります。

簡単に述べさせて頂きますと、(空・縁起の理解によって)一切の存在・現象においては、絶対的存在、超絶的・超越的存在、究極的存在は、見当たらないとして、それらを無実体・無自性・無自相視する立場と、絶対的存在、超絶的・超越的存在、究極的存在は、あるのだとして、それらを実体・自性・自相視するという立場との見解の相違であります。

如来蔵思想(仏性思想)は、明らかに後者の立場にあるとして、前者の立場からは、そのようなものは認めないとして批判されるわけであります。

私の如来蔵思想(仏性思想)に関しての見解につきましては、拙著・施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」の「第九章 仏性思想・如来蔵思想について」、第十三章 現代日本仏教の抱える課題について」におきまして、ある程度扱わせて頂いておりますので、ここでは改めては述べませんが、松本氏は、「道元思想論」において、如来蔵思想(仏性思想)を批判する立場として、道元禅師の思想変容について論じられているのであります。

また、如来蔵思想(仏性思想)の展開においては、インドにおいて仏性内在論であったものが、中国における老荘思想の影響を受けて、仏性顕在論へとその性質を変え、仏性内在論・仏性顕在論が混在した思想が、日本へと随時に流入し、影響を及ぼす中で、日本の仏教思想の展開があるということを考える上でも非常に興味深いところがあります。

では、そもそも仏性内在論、仏性顕在論共に何が問題であるのかについて、次回は確認していこうと存じます。

・・

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して・1
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51769786.html

「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を一読して
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51769465.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4-5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51768858.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月28日火曜日

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して2

さて、前回に引き続きまして、「道元思想論」の内容に関しまして考えて参りたいと存じます。

道元禅師の思想変容についての論考の中で、松本史朗氏は、如来蔵思想に関しまして、二つの定義を明らかにされます。

如来蔵思想(仏性思想)

仏性内在論・・仏性は、人間存在、特にその肉体の中に存在しているとする考え方。(心身)二元論の立場。

仏性顕在論・・現象的な個々の事物に仏性が全面的に現れている。現象的事物そのものを仏性と見る考え方。絶対的一元論の立場。

如来蔵思想(仏性思想)は、インドにおけるヒンドゥー教の「梵我一如」思想を起源として、その考えを仏教が取り入れていくことによって発展していった思想と考えられています。

「梵我一如」思想とは、「梵《ぼん》(ブラフマン・宇宙を支配する原理)」と「我(アートマン・個人を支配する原理)」が同一であること、また、これらが同一であることを悟ることにより、永遠の至福に到達しようとする思想であります。

しかし、如来蔵思想(仏性思想)は、仏教の基本法理としてある「諸法無我」や「空の思想」・「中観思想」との矛盾が指摘され、現代においても議論が展開されるところであります。

簡単に述べさせて頂きますと、(空・縁起の理解によって)一切の存在・現象においては、絶対的存在、超絶的・超越的存在、究極的存在は、見当たらないとして、それらを無実体・無自性・無自相視する立場と、絶対的存在、超絶的・超越的存在、究極的存在は、あるのだとして、それらを実体・自性・自相視するという立場との見解の相違であります。

如来蔵思想(仏性思想)は、明らかに後者の立場にあるとして、前者の立場からは、そのようなものは認めないとして批判されるわけであります。

私の如来蔵思想(仏性思想)に関しての見解につきましては、拙著・施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」の「第九章 仏性思想・如来蔵思想について」、第十三章 現代日本仏教の抱える課題について」におきまして、ある程度扱わせて頂いておりますので、ここでは改めては述べませんが、松本氏は、「道元思想論」において、如来蔵思想(仏性思想)を批判する立場として、道元禅師の思想変容について論じられているのであります。

また、如来蔵思想(仏性思想)の展開においては、インドにおいて仏性内在論であったものが、中国における老荘思想の影響を受けて、仏性顕在論へとその性質を変え、仏性内在論・仏性顕在論が混在した思想が、日本へと随時に流入し、影響を及ぼす中で、日本の仏教思想の展開があるということを考える上でも非常に興味深いところがあります。

では、そもそも仏性内在論、仏性顕在論共に何が問題であるのかについて、次回は確認していこうと存じます。

・・

「道元思想論」の感想と致しましては、松本氏が提唱されました曹洞宗の批判宗学の意義、曹洞宗の開祖・道元禅師の思想変容に関しての興味深い内容を知見できたことと共に、更に、「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」の問題点につきましても改めまして考察を深めることができたように存じます。

まず、批判宗学につきましては、松本氏の提唱によりますと、

批判宗学とは何か。
1.「いかなる対象も絶対視・神秘化することなく。絶えず自己自身を否定しつつ、宗門の正しい教義を探求すること」
2.「いかなる対象」とは
”いかなる人物(宗祖)、テキスト(宗典、経典)、行(坐禅)、教義(縁起説)等”を意味する。
3.従って、批判宗学は、密教の否定である。
4.批判宗学は、宗祖無謬説に立たない。一切のguru(師)崇拝を排除する。
5.道元の思想的変化を認め、道元が目指そうとしたもの(正しい仏教)を、目指す。
6.批判宗学自身の見解は、縁起説であり、行は、縁起説にもとづく誓度一切衆生(自未得度先度他)の行である。
7.批判宗学は、本質的に、社会的(「誓度一切衆生」)でなければならない。
8.曹洞宗は、『弁道話』の見解と行、即ち、如来蔵思想(「仏性顕在論」)と、神秘的密教的坐禅(「一寸坐れば、一寸の仏」)を捨て、後期道元のものと思われる「深信因果」(縁起説)と「誓度一切衆生之坐禅」にまで、進むべきものと思われる。

とあります。主に宗祖・宗典・経典・教義・修行内容の絶対視・神秘化の排除、密教の否定、無批判的に宗祖無謬説には立たず、一切の祖師崇拝の排除(根拠のない盲目的信仰・崇拝の排除)を目的とし、曹洞宗においては、道元の思想的変容を認め、(如来蔵思想(「仏性顕在論」)・神秘的密教的坐禅から)、道元が目指そうとした(正しい仏教)〔「深信因果」(縁起説)と「誓度一切衆生之坐禅」〕を目指すこと、批判宗学自身の見解は、縁起説であり、縁起説にもとづく修行(仏道行)を目指すこと、また慈悲・利他(輪廻に迷い苦しむあまたの衆生を救おうとする精神)を目指し、社会との関わりを展開していくこととして、批判宗学は、社会的(「誓度一切衆生」)なるものでなければならないことなど、非常に興味深い内容があります。

この批判宗学については、当時、宗学内外において、賛否両論入り乱れ、大きな議論の渦を巻き起こしたことが想像できます。なぜならば、曹洞宗においては、宗派教義・教説の根底に関わることを扱っているため、下手に扱うと、宗派そのものを崩壊させかねない危険性があるからであります。更には、松本氏の論考姿勢である如来蔵思想批判の内容から鑑みますと、特に曹洞宗に限らず、広く大乗仏教の各宗派においても、批判宗学は適用される可能性は十分に高いからであります。現代仏教各宗派にとっても「対岸の火事」というわけにはいかないということであります。

そのため、ある意味で、伝統教学を護る護宗的立場(特に各宗派お抱えの御用学者)の者たちからは、批判宗学に対しての批判も多く噴出したのは確かであります。

しかし、基本的な松本氏の批判宗学の意図しようとしている姿勢につきましては、私自身、かつて仏教に対しての無知さ、無批判さ、認識の甘さによる反省から、おおむねで認めるところでございます。

さて、批判宗学の批判の一つに、批判宗学自身が、提唱第六で「縁起説」を絶対視化しようしているのではないか、それは偏見であり、提唱第一・提唱第二と矛盾するのではないかという、「批判宗学」批判があります。(現に提唱第二において、提唱第一の対象として「教義(縁起説)」も挙げられていることから)

この点に関して、私見を述べさせて頂くならば、松本氏の真なる意図は分からないところがありますが、提唱第二における「縁起説」と提唱第六における「縁起説」の真なるところの意味合いは大きく異なっているものではないだろうかと考えています。非常にその差異を表現するのは難しく思いますが、後者の「縁起説」は、「無実体・無自性・無自相的縁起説」と言えるのではないかと考えます。

もう少し分かりやすく申しますと、前者の縁起説は、「惑・業・苦の業感縁起説、十二支縁起説など、いわゆる時間的・空間的縁起、因果関係的な縁起説」のことを意図し、後者は、「無実体・無自性・無自相としての縁起説、論理的な縁起説、中観思想、特に中観帰謬論証派(ツォンカパ論師の中観思想)が捉えようとするところの縁起説」と言えるのではないかと考えています。

ただ、このあたりのところはやはり非常に難しい差異が控えているような気もしておりますので、ツォンカパ論師の中観思想の学びの進捗とも関わってくるところでもあり、更に今後考察していくべき課題として、今はまだこの見解につきましては、結論を保留させて頂こうかと思っております。

少し「ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義」に関しましての考察は小休止させて頂きまして、引き続きまして、「道元思想論」の内容に関しまして考えて参りたいと存じます。

・・

「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を一読して
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51769465.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4-5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51768858.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月27日月曜日

「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」を一読して

さて、前回の余談の続きとなりますが、「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」に続きまして、「道元思想論・松本史朗著・大蔵出版」もざっと一読させて頂きました。



「道元思想論」の感想と致しましては、松本氏が提唱されました曹洞宗の批判宗学の意義、曹洞宗の開祖・道元禅師の思想変容に関しての興味深い内容を知見できたことと共に、更に、「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」の問題点につきましても改めまして考察を深めることができたように存じます。

まず、批判宗学につきましては、松本氏の提唱によりますと、

批判宗学とは何か。
1.「いかなる対象も絶対視・神秘化することなく。絶えず自己自身を否定しつつ、宗門の正しい教義を探求すること」
2.「いかなる対象」とは
”いかなる人物(宗祖)、テキスト(宗典、経典)、行(坐禅)、教義(縁起説)等”を意味する。
3.従って、批判宗学は、密教の否定である。
4.批判宗学は、宗祖無謬説に立たない。一切のguru(師)崇拝を排除する。
5.道元の思想的変化を認め、道元が目指そうとしたもの(正しい仏教)を、目指す。
6.批判宗学自身の見解は、縁起説であり、行は、縁起説にもとづく誓度一切衆生(自未得度先度他)の行である。
7.批判宗学は、本質的に、社会的(「誓度一切衆生」)でなければならない。
8.曹洞宗は、『弁道話』の見解と行、即ち、如来蔵思想(「仏性顕在論」)と、神秘的密教的坐禅(「一寸坐れば、一寸の仏」)を捨て、後期道元のものと思われる「深信因果」(縁起説)と「誓度一切衆生之坐禅」にまで、進むべきものと思われる。

とあります。主に宗祖・宗典・経典・教義・修行内容の絶対視・神秘化の排除、密教の否定、無批判的に宗祖無謬説には立たず、一切の祖師崇拝の排除(根拠のない盲目的信仰・崇拝の排除)を目的とし、曹洞宗においては、道元の思想的変容を認め、(如来蔵思想(「仏性顕在論」)・神秘的密教的坐禅から)、道元が目指そうとした(正しい仏教)〔「深信因果」(縁起説)と「誓度一切衆生之坐禅」〕を目指すこと、批判宗学自身の見解は、縁起説であり、縁起説にもとづく修行(仏道行)を目指すこと、また慈悲・利他(輪廻に迷い苦しむあまたの衆生を救おうとする精神)を目指し、社会との関わりを展開していくこととして、批判宗学は、社会的(「誓度一切衆生」)なるものでなければならないことなど、非常に興味深い内容があります。

この批判宗学については、当時、宗学内外において、賛否両論入り乱れ、大きな議論の渦を巻き起こしたことが想像できます。なぜならば、曹洞宗においては、宗派教義・教説の根底に関わることを扱っているため、下手に扱うと、宗派そのものを崩壊させかねない危険性があるからであります。更には、松本氏の論考姿勢である如来蔵思想批判の内容から鑑みますと、特に曹洞宗に限らず、広く大乗仏教の各宗派においても、批判宗学は適用される可能性は十分に高いからであります。現代仏教各宗派にとっても「対岸の火事」というわけにはいかないということであります。

そのため、ある意味で、伝統教学を護る護宗的立場の者たちからは、批判宗学に対しての批判も多く噴出したのは確かであります。

しかし、基本的な松本氏の批判宗学の意図しようとしている姿勢につきましては、私自身、かつて仏教に対しての無知さ、無批判さ、認識の甘さによる反省から、おおむねで認めるところでございます。

さて、批判宗学の批判の一つに、批判宗学自身が、提唱第六で「縁起説」を絶対視化しようしているのではないか、それは偏見であり、提唱第一・提唱第二と矛盾するのではないかという、「批判宗学」批判があります。(現に提唱第二において、提唱第一の対象として「教義(縁起説)」も挙げられていることから)

この点に関して、私見を述べさせて頂くならば、松本氏の真なる意図は分からないところがありますが、提唱第二における「縁起説」と提唱第六における「縁起説」の真なるところの意味合いは大きく異なっているものではないだろうかと考えています。非常にその差異を表現するのは難しく思いますが、後者の「縁起説」は、「無実体・無自性・無自相的縁起説」と言えるのではないかと考えます。

もう少し分かりやすく申しますと、前者の縁起説は、「惑・業・苦の業感縁起説、十二支縁起説など、いわゆる時間的・空間的縁起、因果関係的な縁起説」のことを意図し、後者は、「無実体・無自性・無自相としての縁起説、論理的な縁起説、中観思想、特に中観帰謬論証派(ツォンカパ論師の中観思想)が捉えようとするところの縁起説」と言えるのではないかと考えています。

ただ、このあたりのところはやはり非常に難しい差異が控えているような気もしておりますので、ツォンカパ論師の中観思想の学びの進捗とも関わってくるところでもあり、更に今後考察してべき課題として、今はまだこの見解につきましては、結論を保留させて頂こうかと思っております。

少し「ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義」に関しましての考察は小休止させて頂きまして、引き続きまして、「道元思想論」の内容に関しまして考えて参りたいと存じます。

・・

少し余談となりますが、長い間、購入してからそのまま本棚に並んでおりました「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を松本氏の「チベット仏教哲学」の再々再読を進めていく中で、少し読んでおきたくなり、ざっとでありますが、初めて一読致しました。

松本氏の「如来蔵思想批判」の各論考は、現代仏教を再構築する上でも、欠かせない重要な内容が扱われていると考えております。大乗仏教思想の展開において、「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」のもたらしてきた弊害の甚大さ、深刻さは計り知れないものがある一端が伺えます。仏教の原点回帰へ向けての困難さの解決は、いかにして「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」を現代仏教から完全に払拭させうるかどうかに懸かっていると言っても過言ではありません。

私は、如来蔵思想・仏性思想・本覚思想を現代仏教から完全に払拭させるヒントの一つが、ツォンカパ論師の中観思想の学びにあると至ったのは、ここ一年ほどのことであります。既に十年近く仏教に携わっていながらも、それまでは、一体、何が仏教批判の問題なのかさえも理解できていませんでした。

現代仏教の抱えている問題に関して、初期仏教から学び直しを一から進めていく中で、多くの疑問が生じ、その都度に私なりに段階を経て考察を深めていくことができ、そして、今の仏教理解に至ってくることができてきた次第であります。

もちろん、まだまだ浅学非才の未熟者ゆえに、至らぬところも多々あり、猛省することばかりであります。

お寺の跡継ぎという立場に生まれ育った私が本格的に仏教の世界と向き合うようになったのは、臨済宗の禅専門道場に入る機会を得たところでありました。良くもあり、悪くもあるその世界(禅専門道場)を垣間見ることができ、そこで仏教に対して、様々な疑念が生じたものの、私自身、当時は仏教について無知であり、修行もそれほど長く取り組むつもりもなく、少なくとも最低でも三年、長くて十年は修行をしないと一人前とは見なされないその世界ではあまり褒められるような立場でもなく、実際、二年にも至らない期間で終えたため、その疑念をどうにかしようとすること自体がおこがましいことであるとして、無批判的に、あまり考えずにいたままでしたが、やがて、実家に戻り、その後はお寺のことに主に従事していく中において、もう少し仏教としっかりと向き合わないといけないという気持ちが高まりだし、改めて修行時代からの疑念も深まりつつあったため、まずは仏教思想について一から学んでいこうと決心するに至り、ここまでおおよそ四年ほどが経ったわけであります。

そして、本日にふと「禅思想の批判的研究」をさらっとでありますが、たまたま一読する気となり、その中における松本氏の見解の一つに、『結論として言えば、臨済の基本思想は、仏教の無我説とは矛盾する"アートマン論"であると考えられる。』(第三章 臨済の基本思想について p387)との記述、その結論に至る論考も読むうちに、私が長年に抱いていた疑念の一つの理由が改めて確認できたように思います。

長い間、「禅思想の批判的研究」を本棚に放置してしまっていたのは、恐らく少なからずも私が修行をし、関わってきた「臨済宗」について批判的な見解が載っているであろうことは、ある程度予測ができていたからであります。それを目の当たりにすることにいささかの躊躇があったのは事実であります。なぜならば、拙いまでも私なりにはそれなりに色々と苦闘した修行の日々が否定されてしまうのが怖かったからでもありますでしょう・・

もしも、まだ仏教の学びが拙い時期にこの本を読んでいれば、私は、かなりのショックを受けて、自己嫌悪に陥っていたかもしれません。一体、あの苦闘の時期は何だったのだろうか、そもそも修行は正しかったのだろうか・・と・・ややもすれば、無駄であったと後悔することになっていたかもしれません・・

しかし、今は仏教の学びがある程度進んできていたため、まあ、そんなものであろうと、すんなりと受け入れることができたところがあります。もちろん、だからといっても、臨済宗を完全に否定したりするわけではありませんが、長い仏教思想の変容過程の中で、やむを得ずにそうなってしまったという仕方のない側面もあるのも事実ですし、また、逆に、当時の自らの無知さ、無批判さ、認識の甘さを恥じることもできたように存じます。

とにかく、何が仏教批判の問題であるのかが、今はしっかりと認識できてきているため、これからの学びの進めにおいて、更に問題の解決を自分なりに探し出していくために尚一層に精進していかなければならないと存じております。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4-5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51768858.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月26日日曜日

「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を一読して

さて、少し余談となりますが、長い間、購入してからそのまま本棚に並んでおりました「禅思想の批判的研究・松本史朗著・大蔵出版 」を松本氏の「チベット仏教哲学」の再々再読を進めていく中で、少し読んでおきたくなり、ざっとでありますが、初めて一読致しました。

松本氏の「如来蔵思想批判」の各論考は、現代仏教を再構築する上でも、欠かせない重要な内容が扱われていると考えております。大乗仏教思想の展開において、「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」のもたらしてきた弊害の甚大さ、深刻さは計り知れないものがある一端が伺えます。仏教の原点回帰へ向けての困難さの解決は、いかにして「如来蔵思想・仏性思想・本覚思想」を現代仏教から完全に払拭させうるかどうかに懸かっていると言っても過言ではありません。

私は、如来蔵思想・仏性思想・本覚思想を現代仏教から完全に払拭させるヒントの一つが、ツォンカパ論師の中観思想の学びにあると至ったのは、ここ一年ほどのことであります。既に十年近く仏教に携わっていながらも、それまでは、一体、何が仏教批判の問題なのかさえも理解できていませんでした。

現代仏教の抱えている問題に関して、初期仏教から学び直しを一から進めていく中で、多くの疑問が生じ、その都度に私なりに段階を経て考察を深めていくことができ、そして、今の仏教理解に至ってくることができてきた次第であります。

もちろん、まだまだ浅学非才の未熟者ゆえに、至らぬところも多々あり、猛省することばかりであります。

お寺の跡継ぎという立場に生まれ育った私が本格的に仏教の世界と向き合うようになったのは、臨済宗の禅専門道場に入る機会を得たところでありました。良くもあり、悪くもあるその世界(禅専門道場)を垣間見ることができ、そこで仏教に対して、様々な疑念が生じたものの、私自身、当時は仏教について無知であり、修行もそれほど長く取り組むつもりもなく、少なくとも最低でも三年、長くて十年は修行をしないと一人前とは見なされないその世界ではあまり褒められるような立場でもなく、実際、二年にも至らない期間で終えたため、その疑念をどうにかしようとすること自体がおこがましいことであるとして、無批判的に、あまり考えずにいたままでしたが、やがて、実家に戻り、その後はお寺のことに主に従事していく中において、もう少し仏教としっかりと向き合わないといけないという気持ちが高まりだし、改めて修行時代からの疑念も深まりつつあったため、まずは仏教思想について一から学んでいこうと決心するに至り、ここまでおおよそ四年ほどが経ったわけであります。

そして、本日にふと「禅思想の批判的研究」をさらっとでありますが、たまたま一読する気となり、その中における松本氏の見解の一つに、『結論として言えば、臨済の基本思想は、仏教の無我説とは矛盾する"アートマン論"であると考えられる。』(第三章 臨済の基本思想について p387)との記述、その結論に至る論考も読むうちに、私が長年に抱いていた疑念の一つの理由が改めて確認できたように思います。

長い間、「禅思想の批判的研究」を本棚に放置してしまっていたのは、恐らく少なからずも私が修行をし、関わってきた「臨済宗」について批判的な見解が載っているであろうことは、ある程度予測ができていたからであります。それを目の当たりにすることにいささかの躊躇があったのは事実であります。なぜならば、拙いまでも私なりにはそれなりに色々と苦闘した修行の日々が否定されてしまうのが怖かったからでもありますでしょう・・

もしも、まだ仏教の学びが拙い時期にこの本を読んでいれば、私は、かなりのショックを受けて、自己嫌悪に陥っていたかもしれません。一体、あの苦闘の時期は何だったのだろうか、そもそも修行は正しかったのだろうか・・と・・ややもすれば、無駄であったと後悔することになっていたかもしれません・・

しかし、今は仏教の学びがある程度進んできていたため、まあ、そんなものであろうと、すんなりと受け入れることができたところがあります。もちろん、だからといっても、臨済宗を完全に否定したりするわけではありませんが、長い仏教思想の変容過程の中で、やむを得ずにそうなってしまったという仕方のない側面もあるのも事実ですし、また、逆に、当時の自らの無知さ、無批判さ、認識の甘さを恥じることもできたように存じます。

とにかく、何が仏教批判の問題であるのかが、今はしっかりと認識できてきているため、これからの学びの進めにおいて、更に問題の解決を自分なりに探し出していくために尚一層に精進していかなければならないと存じております。


ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義5

さて、今回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

中観帰謬論証派も中観自立論証派も当然に仏教の目指す正悟・正覚・涅槃へと至るための方法論として、「世俗諦と勝義諦の二諦」を扱います。二諦に関しましては、これまでの私の施本でも詳しく述べさせて頂いておりますので、ここでは解説は致しませんが、中観帰謬論証派においては、世俗諦と勝義諦を明確に隔絶させて扱います。しかし、一方の中観自立論証派では、勝義諦の中に世俗諦を無理矢理にでも何とか組み込んで、勝義諦を世俗諦においても表そうと苦心します。勝義諦と世俗諦との重なる領域を「異門勝義・依言勝義」として、どうにかコトバの世界でも勝義諦を表そうとしたのであります。

もちろん、中観自立論証派の目指そうとした気持ちは分からなくはないのですが、コトバの世界がもともと抱えてしまっている限界のために、結局のところは論難がつきまとい、論証に破綻をきたしてしまうこととなり、また、世俗諦と勝義諦を曖昧化させてしまっては、様々な弊害が生じることになってしまいました。つまりは、何が世俗諦であり、何が勝義諦であるのかの区別がつかなくなり、仏教教義の収拾がいっそう図れなくなってしまう危険性が出てきてしまうということであります。

弊害の一つは、コトバの実体化であります。コトバにより、勝義諦を表すことはできないというのは、中観論者の大原則であります。しかし、「勝義諦とは・・」、「勝義諦によって・・」と何かを立論することは、勝義諦の実体化を図ろうとする意図があり、あくまでも世俗(言説)におけることとしておきながらも、それは中観帰謬論証派から見れば、勝義諦というものを何か実体化していくもの以外の何者でもないということとなってしまいます。勝義諦の領域において少しでも何かを実体化させてしまっては、もはやそれは、勝義諦では無いものであり、世俗諦と勝義諦との曖昧化は何としても避けなければならないのであります。その曖昧化の典型の一つが、「絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向」を許してしまいかねない事態をもたらしてしまうことであります。

しかし、確かに勝義諦はコトバでは表せないとしても、それでは結局は黙して何も語らなければよいのか、コトバの世界は所詮は虚妄・虚偽であるから、何も頼りにならないのか、勝義諦の世界とは、超絶されたものであるのかと、神秘主義、懐疑主義・不可知論、または、虚無・悲観・絶望主義に陥ってしまってもいけないのであります。

もちろん、勝義諦をコトバの実体化により表すことはできません。しかし、世俗諦において、無自性・空なるコトバにより、勝義諦とはいかなるものであるかを指向することはギリギリで可能であると考えます。あくまでも、世俗諦における「無自性・空なるコトバ」によってというところが重要であります。また、その「無自性・空なるコトバ」を誤りなく成立させるために、その背後に控えているのが「深遠なる縁起の理法」であります。

ナーガールジュナ論師の中論「観四諦品」(第二十四・第八偈~第十偈)『二つの真理(二諦)にもとづいて、もろもろのブッダの法(教え)の説示〔がなされている〕。〔すなわち〕、世間の理解としての真理(世俗諦)と、また最高の意義としての真理(勝義諦)とである。』、『およそ、これら二つの真理(二諦)の区別を知らない人々は、何びとも、ブッダの教えにおける深遠な真実義を、知ることがない。』、『〔世間の〕言語慣習に依拠しなくては、最高の意義は、説き示されない。最高の意義に到達しなくては、ニルヴァーナ(涅槃)は、証得されない。』【「中論」邦訳参照〔中論(上・中・下)三枝充悳訳注 第三文明社・レグルス文庫〕】とありますように、二諦の理解をもって、いかなる世俗(言説)における無自性・空なるコトバが、中観帰謬論証派において「言説有」として扱われるのか、ツォンカパ論師は、慎重にコトバの世界を扱う中で、安易に戯論寂滅・言語道断・不可説へと転落しないように、もちろん、実体・自性・自相化へとも転落しないように、絶妙のバランスを保つ「言説有」を徹底的に再構築したわけであります。

ツォンカパ論師は、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」としての「非有非無の中道」を明らかとし、仏教思想史上の革新的転回を果たし、お釈迦様の教えの原点回帰を図ったのであります。

次回も引き続きまして、更にツォンカパ論師の中観思想につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4

さて、今回はもう少しツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

まだ拙い私の理解でございますので、多くの間違いや勘違いがあるかとは存じますが、簡単に今の私の理解について、以下に述べさせて頂きます。

中観帰謬論証派と中観自立論証派との最も大きな相違点は、世俗(言説)の次元における「自相の成立」について、前者ではそれを認めませんが、後者では認めている(正確には、認めざるを得ない)というところであります。

それは、「コトバの世界において扱うモノ・コトの背後に、そのモノ・コトを、モノ・コトとして何か成り立たしめている実体(自性・自相)があるのか、ないのか」ということでの扱いの違いであります。

もちろん、両論派共に勝義諦(第一義諦)においては、そのような実体(自性・自相)は完全に否定しますが、中観自立論証派では、世俗(言説)の次元において、モノ・コトを何か成り立たしめている実体(自性・自相)を認めてしまっている(認めざるをえない)というところがあります。

それは、自立論証を用いて、論証主張して対論者に「空・無自性」を認めさせるためには、立論者と対論者の間において、共通の知識根拠〔量〕(直接知覚と推論)・存在論が必要であることが大きな原因となっています。

しかし、中観論者は、「あらゆるモノ・コトは、空であり、実体が無い」という理解が「空・無自性」を主張するための大前提となっているにも拘わらず、自立論証においては、立論者が対論者(実体論者)に対して、自分の論証主張を認めさせるにも、相手との間において共通の知識根拠(特に直接知覚)・存在論を何とかして設定しなければならず、そのため、相手にある程度譲歩して論証を展開していくという中で、コトバの世界(世俗・言説)においての何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないという誤りが結局は付随してしまうというわけであります。

何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないというのは、例えば、簡単には、「○は、~である。」の場合、その「○」としてあるモノ・コトについて、「○」というモノ・コトが、そのまま、立論者の意図してる知識根拠の通りに対論者の側での知識根拠としても合致する余地があるのかどうかということではないかと考えております。もしも、合致するような知識根拠が何も無いとなれば、最初から議論は成り立たなくなってしまい、立論そのものが意味のない、無駄なものとなってしまいます。

そのため、自立論証を採用するのであれば、世俗(言説)において、何らかの実体(自性・自相)を何とかしてでも認めざるを得ないこととなってしまいます。しかしながら、世俗(言説)の領域であるとはいえども、そのような実体(自性・自相)を認めてしまうということは、いくら世俗(言説)の領域に限定しても許されないとして中観帰謬論証派からは激しく批判されることになります。

もしも、立論者が本当の中観論者であるならば、「○」には、何らとして「○」として成り立たしめているような実体・自性・自相は当然に見当たらないため、ただ「○は、無自性・空である」ということだけが一応は言えるのみで、それ以上は本来、何も立論のしようが無いのであります。当然に自立論証の展開は成り立たないことになります。

そのため、中観論者は、本来、自立論証は採用できず、相手の主張の矛盾・誤謬を指摘して、その実体論の誤りを正すという帰謬論証を用いて、空・無自性を論証していくことしかできないのであります。また、もちろん、「○」は無実体・無自性・無自相、空なるものでしかありませんが、「○」は、世俗(言説)において、「分別によってただ仮に名のみが与えられているもの(仮名・仮設)に過ぎない」ということで、中観帰謬論証派は「○」について一応は言えることができるという立場として、「言説有」を扱うのであると考えています。

少し上記のことは私の理解が不足している点も多々あるかと存じますので、随時に検証していけましたらと存じております。次回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月24日金曜日

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義5

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義5

さて、今回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

中観帰謬論証派も中観自立論証派も当然に仏教の目指す正悟・正覚・涅槃へと至るための方法論として、「世俗諦と勝義諦の二諦」を扱います。二諦に関しましては、これまでの私の施本でも詳しく述べさせて頂いておりますので、ここでは解説は致しませんが、中観帰謬論証派においては、世俗諦と勝義諦を明確に隔絶させて扱います。しかし、一方の中観自立論証派では、勝義諦の中に世俗諦を無理矢理にでも何とか組み込んで、勝義諦を世俗諦においても表そうと苦心します。勝義諦と世俗諦との重なる領域を「異門勝義・依言勝義」として、どうにかコトバの世界でも勝義諦を表そうとしたのであります。

もちろん、中観自立論証派の目指そうとした気持ちは分からなくはないのですが、コトバの世界がもともと抱えてしまっている限界のために、結局のところは論難がつきまとい、論証に破綻をきたしてしまうこととなり、また、世俗諦と勝義諦を曖昧化させてしまっては、様々な弊害が生じることになってしまいました。つまりは、何が世俗諦であり、何が勝義諦であるのかの区別がつかなくなり、仏教教義の収拾がいっそう図れなくなってしまう危険性が出てきてしまうということであります。

弊害の一つは、コトバの実体化であります。コトバにより、勝義諦を表すことはできないというのは、中観論者の大原則であります。しかし、「勝義諦とは・・」、「勝義諦によって・・」と何かを立論することは、勝義諦の実体化を図ろうとする意図があり、あくまでも世俗(言説)におけることとしておきながらも、それは中観帰謬論証派から見れば、勝義諦というものを何か実体化していくもの以外の何者でもないということとなってしまいます。勝義諦の領域において少しでも何かを実体化させてしまっては、もはやそれは、勝義諦では無いものであり、世俗諦と勝義諦との曖昧化は何としても避けなければならないのであります。その曖昧化の典型の一つが、「絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向」を許してしまいかねない事態をもたらしてしまうことであります。

しかし、確かに勝義諦はコトバでは表せないとしても、それでは結局は黙して何も語らなければよいのか、コトバの世界は所詮は虚妄・虚偽であるから、何も頼りにならないのか、勝義諦の世界とは、超絶されたものであるのかと、神秘主義、懐疑主義・不可知論、または、虚無・悲観・絶望主義に陥ってしまってもいけないのであります。

もちろん、勝義諦をコトバの実体化により表すことはできません。しかし、世俗諦において、無自性・空なるコトバにより、勝義諦とはいかなるものであるかを指向することはギリギリで可能であると考えます。あくまでも、世俗諦における「無自性・空なるコトバ」によってというところが重要であります。また、その「無自性・空なるコトバ」を誤りなく成立させるために、その背後に控えているのが「深遠なる縁起の理法」であります。

ナーガールジュナ論師の中論「観四諦品」(第二十四・第八偈~第十偈)『二つの真理(二諦)にもとづいて、もろもろのブッダの法(教え)の説示〔がなされている〕。〔すなわち〕、世間の理解としての真理(世俗諦)と、また最高の意義としての真理(勝義諦)とである。』、『およそ、これら二つの真理(二諦)の区別を知らない人々は、何びとも、ブッダの教えにおける深遠な真実義を、知ることがない。』、『〔世間の〕言語慣習に依拠しなくては、最高の意義は、説き示されない。最高の意義に到達しなくては、ニルヴァーナ(涅槃)は、証得されない。』【「中論」邦訳参照〔中論(上・中・下)三枝充悳訳注 第三文明社・レグルス文庫〕】とありますように、二諦の理解をもって、いかなる世俗(言説)における無自性・空なるコトバが、中観帰謬論証派において「言説有」として扱われるのか、ツォンカパ論師は、慎重にコトバの世界を扱う中で、安易に戯論寂滅・言語道断・不可説へと転落しないように、もちろん、実体・自性・自相化へとも転落しないように、絶妙のバランスを保つ「言説有」を徹底的に再構築したわけであります。

ツォンカパ論師は、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」としての「非有非無の中道」を明らかとし、仏教思想史上の革新的転回を果たし、お釈迦様の教えの原点回帰を図ったのであります。

次回も引き続きまして、更にツォンカパ論師の中観思想につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4

さて、今回はもう少しツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

まだ拙い私の理解でございますので、多くの間違いや勘違いがあるかとは存じますが、簡単に今の私の理解について、以下に述べさせて頂きます。

中観帰謬論証派と中観自立論証派との最も大きな相違点は、世俗(言説)の次元における「自相の成立」について、前者ではそれを認めませんが、後者では認めている(正確には、認めざるを得ない)というところであります。

それは、「コトバの世界において扱うモノ・コトの背後に、そのモノ・コトを、モノ・コトとして何か成り立たしめている実体(自性・自相)があるのか、ないのか」ということでの扱いの違いであります。

もちろん、両論派共に勝義諦(第一義諦)においては、そのような実体(自性・自相)は完全に否定しますが、中観自立論証派では、世俗(言説)の次元において、モノ・コトを何か成り立たしめている実体(自性・自相)を認めてしまっている(認めざるをえない)というところがあります。

それは、自立論証を用いて、論証主張して対論者に「空・無自性」を認めさせるためには、立論者と対論者の間において、共通の知識根拠〔量〕(直接知覚と推論)・存在論が必要であることが大きな原因となっています。

しかし、中観論者は、「あらゆるモノ・コトは、空であり、実体が無い」という理解が「空・無自性」を主張するための大前提となっているにも拘わらず、自立論証においては、立論者が対論者(実体論者)に対して、自分の論証主張を認めさせるにも、相手との間において共通の知識根拠(特に直接知覚)・存在論を何とかして設定しなければならず、そのため、相手にある程度譲歩して論証を展開していくという中で、コトバの世界(世俗・言説)においての何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないという誤りが結局は付随してしまうというわけであります。

何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないというのは、例えば、簡単には、「○は、~である。」の場合、その「○」としてあるモノ・コトについて、「○」というモノ・コトが、そのまま、立論者の意図してる知識根拠の通りに対論者の側での知識根拠としても合致する余地があるのかどうかということではないかと考えております。もしも、合致するような知識根拠が何も無いとなれば、最初から議論は成り立たなくなってしまい、立論そのものが意味のない、無駄なものとなってしまいます。

そのため、自立論証を採用するのであれば、世俗(言説)において、何らかの実体(自性・自相)を何とかしてでも認めざるを得ないこととなってしまいます。しかしながら、世俗(言説)の領域であるとはいえども、そのような実体(自性・自相)を認めてしまうということは、いくら世俗(言説)の領域に限定しても許されないとして中観帰謬論証派からは激しく批判されることになります。

もしも、立論者が本当の中観論者であるならば、「○」には、何らとして「○」として成り立たしめているような実体・自性・自相は当然に見当たらないため、ただ「○は、無自性・空である」ということだけが一応は言えるのみで、それ以上は本来、何も立論のしようが無いのであります。当然に自立論証の展開は成り立たないことになります。

そのため、中観論者は、本来、自立論証は採用できず、相手の主張の矛盾・誤謬を指摘して、その実体論の誤りを正すという帰謬論証を用いて、空・無自性を論証していくことしかできないのであります。また、もちろん、「○」は無実体・無自性・無自相、空なるものでしかありませんが、「○」は、世俗(言説)において、「分別によってただ仮に名のみが与えられているもの(仮名・仮設)に過ぎない」ということで、中観帰謬論証派は「○」について一応は言えることができるという立場として、「言説有」を扱うのであると考えています。

少し上記のことは私の理解が不足している点も多々あるかと存じますので、随時に検証していけましたらと存じております。次回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義4

さて、今回はもう少しツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

まだ拙い私の理解でございますので、多くの間違いや勘違いがあるかとは存じますが、簡単に今の私の理解について、以下に述べさせて頂きます。

中観帰謬論証派と中観自立論証派との最も大きな相違点は、世俗(言説)の次元における「自相の成立」について、前者ではそれを認めませんが、後者では認めている(正確には、認めざるを得ない)というところであります。

それは、「コトバの世界において扱うモノ・コトの背後に、そのモノ・コトを、モノ・コトとして何か成り立たしめている実体(自性・自相)があるのか、ないのか」ということでの扱いの違いであります。

もちろん、両論派共に勝義諦(第一義諦)においては、そのような実体(自性・自相)は完全に否定しますが、中観自立論証派では、世俗(言説)の次元において、モノ・コトを何か成り立たしめている実体(自性・自相)を認めてしまっている(認めざるをえない)というところがあります。

それは、自立論証を用いて、論証主張して対論者に「空・無自性」を認めさせるためには、立論者と対論者の間において、共通の知識根拠〔量〕(直接知覚と推論)・存在論が必要であることが大きな原因となっています。

しかし、中観論者は、「あらゆるモノ・コトは、空であり、実体が無い」という理解が「空・無自性」を主張するための大前提となっているにも拘わらず、自立論証においては、立論者が対論者(実体論者)に対して、自分の論証主張を認めさせるにも、相手との間において共通の知識根拠(特に直接知覚)・存在論を何とかして設定しなければならず、そのため、相手にある程度譲歩して論証を展開していくという中で、コトバの世界(世俗・言説)においての何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないという誤りが結局は付随してしまうというわけであります。

何らかの実体(自性・自相)を認めざるを得ないというのは、例えば、簡単には、「○は、~である。」の場合、その「○」としてあるモノ・コトについて、「○」というモノ・コトが、そのまま、立論者の意図してる知識根拠の通りに対論者の側での知識根拠としても合致する余地があるのかどうかということではないかと考えております。もしも、合致するような知識根拠が何も無いとなれば、最初から議論は成り立たなくなってしまい、立論そのものが意味のない、無駄なものとなってしまいます。

そのため、自立論証を採用するのであれば、世俗(言説)において、何らかの実体(自性・自相)を何とかしてでも認めざるを得ないこととなってしまいます。しかしながら、世俗(言説)の領域であるとはいえども、そのような実体(自性・自相)を認めてしまうということは、いくら世俗(言説)の領域に限定しても許されないとして中観帰謬論証派からは激しく批判されることになります。

もしも、立論者が本当の中観論者であるならば、「○」には、何らとして「○」として成り立たしめているような実体・自性・自相は当然に見当たらないため、ただ「○は、無自性・空である」ということだけが一応は言えるのみで、それ以上は本来、何も立論のしようが無いのであります。当然に自立論証の展開は成り立たないことになります。

そのため、中観論者は、本来、自立論証は採用できず、相手の主張の矛盾・誤謬を指摘して、その実体論の誤りを正すという帰謬論証を用いて、空・無自性を論証していくことしかできないのであります。また、もちろん、「○」は無実体・無自性・無自相、空なるものでしかありませんが、「○」は、世俗(言説)において、「分別によってただ仮に名のみが与えられているもの(仮名・仮設)に過ぎない」ということで、中観帰謬論証派は「○」について一応は言えることができるという立場として、「言説有」を扱うのであると考えています。

少し上記のことは私の理解が不足している点も多々あるかと存じますので、随時に検証していけましたらと存じております。次回も引き続きましてツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51766505.html

「非有・非無の中道」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51764526.html

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月17日金曜日

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義3

さて、前回におきましては、ツォンカパ論師以前における中観帰謬論証派とツォンカパ論師の中観思想の相違につきまして簡単に触れさせて頂きました。次に、ツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

中観自立論証派は、積極的にコトバの世界、論理の世界を扱って、正覚・正悟・涅槃へ至るために「空・無自性」を証明しようとしていく中観論者たちの一派のことであります。

ツォンカパ論師は、中観自立論証派に対して厳しい批判を展開するわけですが、ツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との最大の相違は、中観自立論証派においては、「世俗(言説)において自相を認めている」ということに対して、中観帰謬論証派は、そのような自相すらも否定するということであります。

「自相を認めるということ」は、「ある各モノ・コトそれぞれにおいて、それたらしめている構成要素(属性・性質・作用)が、それぞれ自身において 成立していることを認めていること」ということであります。この自相が成立していることを認めることによって、中観自立論証派の論証式は成り立っているわけですが、勝義諦では当然として、世俗(言説)においても、そのような「自相」の成立を認めないのが、中観帰謬論証派となるわけであります。

ここの差異の吟味が非常に難しいところでありますが、非常に分かりやすい解説がなされているのが、

チベット仏教ゲルク派・宗学研究所「教理の考察」
「誰も知らない火事(齋藤保高氏)」
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%AA%B0%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E7%81%AB%E4%BA%8B
「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

の内容でございますので、是非共にご参照して頂ければと存じます。

少し私の拙い現状での理解を簡単に述べさせて頂くと致しますと、中観自立論証派の場合、自ら打ち立てた論証主張を相手にも認めさせるためには、自分と相手との間に共通のモノ・コトが無ければ、相手にそれを認めさせることができずに論証主張は成り立たなくなってしまいます。

これは当然のことであって、主張者が、どのように論証主張をしたとしても、自分と相手との間で、知覚・知識・認識・概念・思考などにおいて何らかの確かなる共通のモノ・コトが無ければ、理解の相違・異同・差異が生じるは当たり前のことで、議論に齟齬をきたすのは明白であるからであります。

それは、もしも、自分と相手との間で何らかの確かなる共通のモノ・コトが無いとなれば、いくら頑張って論証主張しても意味が無く、無駄となってしまうため、中観自立論証派においては、何とかして論証主張を成立させるためにも、自分と相手との間において共通のモノ・コトをどうにかして設定しなければならなかったわけであります。それが「自相の成立」についてであり、「世俗(言説)において自相を認めている」として、中観帰謬論証派から批判を受けたのであります。

次回も、もう少しツォンカパ論師の中観思想(中観帰謬論証派)と中観自立論証派との相違につきまして考えて参りたいと存じます。

・・

前回には、ツォンカパ論師による「離辺中観説」の批判概要について簡単に触れさせて頂きました。当時、中観帰謬論証派において主流を占めつつあった「中観論者には主張がない」という見解から、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程を学ぶことが非常に大切なこととなります。

中観帰謬論証派、中観自立論証派、離辺中観論者も含めて、中観思想論者全般の共通して目指すところは、当然に正覚・正悟への到達、迷い苦しみの輪廻からの解脱を図り、涅槃へと到達することであります。

しかし、正覚・正悟への到達、涅槃への到達における過程の相違が、中観思想の中においても様々な見解を生じさせてしまったのであります。

特には、中観思想を大きく分けることとなった二派において、中観自立論証派は、積極的にコトバの世界、論理の世界を扱って、正覚・正悟・涅槃へ至るために「空・無自性」を証明しようと尽力し、中観帰謬論証派は、コトバの世界、論理の世界が抱えている矛盾を暴き出すことによって、「空・無自性」を証明しようと尽力したのであります。

仏教最高真理としての「勝義諦(第一義諦)」は、「無分別」・「不可説」・「戯論寂滅」・「言語道断」というコトバ・論理の世界を超えたところであることは両派も認めるところであります。しかし、「勝義諦(第一義諦)」へと至るための「世俗諦」の扱いにおける見解の相違によって、両派は分かれて議論を展開することになってしまいました。

ツォンカパ論師以前における中観帰謬論証派においては、コトバの世界、論理の世界が抱えている矛盾を暴き出していくために、当然に、対論者(実体論者)の主張を待って、その主張の抱えている矛盾を指摘していくことによって、「空・無自性」を証明していくため、自ら積極的に主張を行うことは、自ら矛盾をさらしてしまうこととなるため、「主張をすることはない」という考えが大勢でありました。

しかし、ツォンカパ論師は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という「非有・非無」について、独自の解釈を展開し、「中観論者には、主張が有る」ということを示して、コトバの世界において、勝義諦として否定されるべきことと、世俗諦において否定されてはならないことをしっかりと明らかにして、正確に否定対象を否定していくための「正理のはたらき」の正しい理解をしていくことに不断の努力を積み重ねていく中、積極的にコトバの世界において、「空・無自性」を証明していこうとしたのであります。

ツォンカパ論師以前における中観帰謬論証派では、「中観論者には主張が無い」として、コトバの世界をただ否定するのみに終始していたことから、コトバの世界において、できうる限りに「空・無自性」を証明していくために、「中観論者には主張が有るのだ」と、ツォンカパ論師が明確に打ち出したことは、中観思想史上の劇的な転回となったのであります。

では、ツォンカパ論師の中観思想と、従来より「中観論者には、主張がある」として、「空・無自性」について、コトバ・論理の世界を積極的に用いて証明していこうとしていた中観自立論証派との相違はどこにあるのか、そのことについて次回は少し考えて参りたいと存じます。

・・

前回に「非有・非無の中道」について少し述べさせて頂きました。その中における『・・ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題・・』と述べさせて頂きましたことについて、今回は考えて参りたいと存じます。

ツォンカパ論師までの中観思想において大勢を占めていたのが、「離辺中観説」であります。「離辺中観説」とは、仏教最高の真理である「勝義諦(第一義諦)」は、言語道断・不可説であり、一切の分別、戯論を離れており、有ということもできず、無ということもできない(非有・非無)、有辺と無辺を離れているという説であります。

この「離辺中観説」を痛烈に厳しく批判したのがツォンカパ論師であり、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」として、それまでの中観思想においては、最高真理である勝義諦へ向けて、無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)を指向することが大いに礼賛されてきた流れが、ツォンカパ論師によってせき止められたことで、仏教思想史上の一大革新的転回を迎えたわけであります。

仮に、もしも仏教の真理が、「無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)」で良しとするならば、不思不観、無念無想の境地において、「何も考えなければよい」、「何も思わなければよい」、「何も言わなくても(主張しなくて)よい」ということから、やがては、「何もしなくてもよい」、「何をしても意味がない」、「何をしても無駄である」、更には、「何をしても構わない」、「何でもあり」と、様々な弊害を生み出してしまい、お釈迦様の真なる教えが破壊されていってしまうのは明白であり、実際の仏教史上においても、そのような流れにおいて、仏教が変容していってしまいました。その大きな流れとして、やがて、仏教の教義において、絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向が顕著となってゆき、そのことによって仏教が堕落と衰退へと陥ってしまう事態が避けられなくなってしまったのも事実であります。

ツォンカパ論師は、絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)を基として展開されつつあった密教が前面へと出すぎてしまい、堕落へと向かい始めたチベット仏教において、その堕落を止めるため、中観思想の解釈の徹底した見直しと密教のあり方の見直しを進めると共に、修行の階梯、戒律の再整備を行い、僧院集団の綱紀粛正を図って、ゲルク派(黄帽派)を創始するに至ったのであります。

お釈迦様の教えの原点回帰を図るために興った初期大乗仏教運動の念願は、ナーガールジュナ(龍樹)論師以来、紆余曲折を経ながらも、ツォンカパ論師によって一つの結実を見ることとなったわけであります。

・・

「非有・非無の中道」・・ここの絶妙なるところにおける「深遠なる縁起の理法」の理解が、誠に仏教最大の要諦であります。

「有」というのは、モノ・コトについて、「実体・自性・自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(常見)のことであり、「無」というのは、モノ・コトについて、「無実体・無自性・無自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(断見)のことであります。

「実体・自性・自相」として、成り立っているモノ・コトは見当たらないことについては、改めてここで説明はもう致しませんが、問題は、「無実体・無自性・無自相」ということの理解について少し補足しておきたいと存じます。

それは、あくまでも「無実体・無自性・無自相」ということを説明しなければならない事態は、「実体・自性・自相」としてのあり方があるという執着を離させるための教説展開に過ぎないということであります。

そのため、「実体・自性・自相」は、非(無)「実体・自性・自相」であり、更には、非(無)「無実体・無自性・無自相」であるということも「非有・非無の中道」においては、理解しておかなければなりません。

つまりは、「無実体・無自性・無自相」も非(無)「無実体・無自性・無自相」として、「無」ということにとらわれて、何か「無」というものがあるとしてしまう偏見も取り除かなければならないこととなります。

そこから、有、無、非有無、非有非無のそれぞれのあり方について、そのいずれもが成り立たない、執着できないという「空」を理解し、最高真理としての「勝義諦」は、戯論寂滅であるというところへと誘っていくこととなりますが、ツォンカパ論師の中観思想における、師の理解では、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という独自の解釈展開が行われます。

ここは非常にツォンカパ論師の中観思想を学ぶ上で重要なところであり、ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題を、ツォンカパ論師はどのようにして解決へと導くことができたのかを考えていかなければなりません。

「中観論者には、主張が無い」とするツォンカパ論師以前の中観思想が占めようとしていた大勢的立場から、世俗諦(コトバの世界)において、「非有・非無」について「勝義においては無であるが、言説(世俗)においては有である」として、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程をしっかりと学ぶことが、「深遠なる縁起の理法」を理解していく上でも誠に大切なこととなります。

・・

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月16日木曜日

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義2

さて、前回には、ツォンカパ論師による「離辺中観説」の批判概要について簡単に触れさせて頂きました。当時、中観帰謬論証派において主流を占めつつあった「中観論者には主張がない」という見解から、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程を学ぶことが非常に大切なこととなります。

中観帰謬論証派、中観自立論証派、離辺中観論者も含めて、中観思想論者全般の共通して目指すところは、当然に正覚・正悟への到達、迷い苦しみの輪廻からの解脱を図り、涅槃へと到達することであります。

しかし、正覚・正悟への到達、涅槃への到達における過程の相違が、中観思想の中においても様々な見解を生じさせてしまったのであります。

特には、中観思想を大きく分けることとなった二派において、中観自立論証派は、積極的にコトバの世界、論理の世界を扱って、正覚・正悟・涅槃へ至るために「空・無自性」を証明しようと尽力し、中観帰謬論証派は、コトバの世界、論理の世界が抱えている矛盾を暴き出すことによって、「空・無自性」を証明しようと尽力したのであります。

仏教最高真理としての「勝義諦(第一義諦)」は、「無分別」・「不可説」・「戯論寂滅」・「言語道断」というコトバ・論理の世界を超えたところであることは両派も認めるところであります。しかし、「勝義諦(第一義諦)」へと至るための「世俗諦」の扱いにおける見解の相違によって、両派は分かれて議論を展開することになってしまいました。

ツォンカパ論師以前における中観帰謬論証派においては、コトバの世界、論理の世界が抱えている矛盾を暴き出していくために、当然に、対論者(実体論者)の主張を待って、その主張の抱えている矛盾を指摘していくことによって、「空・無自性」を証明していくため、自ら積極的に主張を行うことは、自ら矛盾をさらしてしまうこととなるため、「主張をすることはない」という考えが大勢でありました。

しかし、ツォンカパ論師は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という「非有・非無」について、独自の解釈を展開し、「中観論者には、主張が有る」ということを示して、コトバの世界において、勝義諦として否定されるべきことと、世俗諦において否定されてはならないことをしっかりと明らかにして、正確に否定対象を否定していくための「正理のはたらき」の正しい理解をしていくことに不断の努力を積み重ねていく中、積極的にコトバの世界において、「空・無自性」を証明していこうとしたのであります。

ツォンカパ論師以前における中観帰謬論証派では、「中観論者には主張が無い」として、コトバの世界をただ否定するのみに終始していたことから、コトバの世界において、できうる限りに「空・無自性」を証明していくために、「中観論者には主張が有るのだ」と、ツォンカパ論師が明確に打ち出したことは、中観思想史上の劇的な転回となったのであります。

では、ツォンカパ論師の中観思想と、従来より「中観論者には、主張がある」として、「空・無自性」について、コトバ・論理の世界を積極的に用いて証明していこうとしていた中観自立論証派との相違はどこにあるのか、そのことについて次回は少し考えて参りたいと存じます。

・・

前回に「非有・非無の中道」について少し述べさせて頂きました。その中における『・・ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題・・』と述べさせて頂きましたことについて、今回は考えて参りたいと存じます。

ツォンカパ論師までの中観思想において大勢を占めていたのが、「離辺中観説」であります。「離辺中観説」とは、仏教最高の真理である「勝義諦(第一義諦)」は、言語道断・不可説であり、一切の分別、戯論を離れており、有ということもできず、無ということもできない(非有・非無)、有辺と無辺を離れているという説であります。

この「離辺中観説」を痛烈に厳しく批判したのがツォンカパ論師であり、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」として、それまでの中観思想においては、最高真理である勝義諦へ向けて、無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)を指向することが大いに礼賛されてきた流れが、ツォンカパ論師によってせき止められたことで、仏教思想史上の一大革新的転回を迎えたわけであります。

仮に、もしも仏教の真理が、「無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)」で良しとするならば、不思不観、無念無想の境地において、「何も考えなければよい」、「何も思わなければよい」、「何も言わなくても(主張しなくて)よい」ということから、やがては、「何もしなくてもよい」、「何をしても意味がない」、「何をしても無駄である」、更には、「何をしても構わない」、「何でもあり」と、様々な弊害を生み出してしまい、お釈迦様の真なる教えが破壊されていってしまうのは明白であり、実際の仏教史上においても、そのような流れにおいて、仏教が変容していってしまいました。その大きな流れとして、やがて、仏教の教義において、絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向が顕著となってゆき、そのことによって仏教が堕落と衰退へと陥ってしまう事態が避けられなくなってしまったのも事実であります。

ツォンカパ論師は、絶対的な存在・実在・実体の立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)を基として展開されつつあった密教が前面へと出すぎてしまい、堕落へと向かい始めたチベット仏教において、その堕落を止めるため、中観思想の解釈の徹底した見直しと密教のあり方の見直しを進めると共に、修行の階梯、戒律の再整備を行い、僧院集団の綱紀粛正を図って、ゲルク派(黄帽派)を創始するに至ったのであります。

お釈迦様の教えの原点回帰を図るために興った初期大乗仏教運動の念願は、ナーガールジュナ(龍樹)論師以来、紆余曲折を経ながらも、ツォンカパ論師によって一つの結実を見ることとなったわけであります。

・・

「非有・非無の中道」・・ここの絶妙なるところにおける「深遠なる縁起の理法」の理解が、誠に仏教最大の要諦であります。

「有」というのは、モノ・コトについて、「実体・自性・自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(常見)のことであり、「無」というのは、モノ・コトについて、「無実体・無自性・無自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(断見)のことであります。

「実体・自性・自相」として、成り立っているモノ・コトは見当たらないことについては、改めてここで説明はもう致しませんが、問題は、「無実体・無自性・無自相」ということの理解について少し補足しておきたいと存じます。

それは、あくまでも「無実体・無自性・無自相」ということを説明しなければならない事態は、「実体・自性・自相」としてのあり方があるという執着を離させるための教説展開に過ぎないということであります。

そのため、「実体・自性・自相」は、非(無)「実体・自性・自相」であり、更には、非(無)「無実体・無自性・無自相」であるということも「非有・非無の中道」においては、理解しておかなければなりません。

つまりは、「無実体・無自性・無自相」も非(無)「無実体・無自性・無自相」として、「無」ということにとらわれて、何か「無」というものがあるとしてしまう偏見も取り除かなければならないこととなります。

そこから、有、無、非有無、非有非無のそれぞれのあり方について、そのいずれもが成り立たない、執着できないという「空」を理解し、最高真理としての「勝義諦」は、戯論寂滅であるというところへと誘っていくこととなりますが、ツォンカパ論師の中観思想における、師の理解では、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、世俗諦(コトバの世界)においては、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という独自の解釈展開が行われます。

ここは非常にツォンカパ論師の中観思想を学ぶ上で重要なところであり、ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題を、ツォンカパ論師はどのようにして解決へと導くことができたのかを考えていかなければなりません。

「中観論者には、主張が無い」とするツォンカパ論師以前の中観思想が占めようとしていた大勢的立場から、世俗諦(コトバの世界)において、「非有・非無」について「勝義においては無であるが、言説(世俗)においては有である」として、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程をしっかりと学ぶことが、「深遠なる縁起の理法」を理解していく上でも誠に大切なこととなります。

・・

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

2010年9月14日火曜日

ツォンカパ論師の中観思想を学ぶ意義

さて、前回に「非有・非無の中道」について少し述べさせて頂きました。その中における『・・ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題・・』と述べさせて頂きましたことについて、今回は考えて参りたいと存じます。

ツォンカパ論師までの中観思想において大勢を占めていたのが、「離辺中観説」であります。「離辺中観説」とは、仏教最高の真理である「勝義諦(第一義諦)」は、言語道断・不可説であり、一切の分別、戯論を離れており、有ということもできず、無ということもできない(非有・非無)、有辺と無辺を離れているという説であります。

この「離辺中観説」を痛烈に厳しく批判したのがツォンカパ論師であり、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」として、それまでの中観思想においては、最高真理である勝義諦へ向けて、無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)を指向することが大いに礼賛されてきた流れが、ツォンカパ論師によってせき止められたことで、仏教思想史上の一大革新的転回を迎えたわけであります。

仮に、もしも仏教の真理が、「無分別・言語道断・離戯論(戯論寂滅)」で良しとするならば、不思不観、無念無想の境地において、「何も考えなければよい」、「何も思わなければよい」、「何も言わなくても(主張しなくて)よい」ということから、やがては、「何もしなくてもよい」、「何をしても意味がない」、「何をしても無駄である」、更には、「何をしても構わない」、「何でもあり」と、様々な弊害を生み出してしまい、お釈迦様の真なる教えが破壊されていってしまうのは明白であり、実際の仏教史上においても、そのような流れにおいて、仏教が変容していってしまいました。その大きな流れとして、やがて、仏教の教義において、絶対論的・実在論的な立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)へと向かっていく傾向が顕著となってゆき、そのことによって仏教が堕落と衰退へと陥ってしまう事態が避けられなくなってしまったのも事実であります。

ツォンカパ論師は、絶対論的・実在論的な立論(本覚思想・如来蔵思想・仏性思想)を基として展開されつつあった密教が前面へと出すぎてしまい、堕落へと向かい始めたチベット仏教において、その堕落を止めるため、中観思想の解釈の徹底した見直しと密教のあり方の見直しを進めると共に、修行の階梯、戒律の再整備を行い、僧院集団の綱紀粛正を図って、ゲルク派(黄帽派)を創始するに至ったのであります。

お釈迦様の教えの原点回帰を図るために興った初期大乗仏教運動の念願は、ナーガールジュナ(龍樹)論師以来、紆余曲折を経ながらも、ツォンカパ論師によって一つの結実を見ることとなったわけであります。

・・

「非有・非無の中道」・・ここの絶妙なるところにおける「深遠なる縁起の理法」の理解が、誠に仏教最大の要諦であります。

「有」というのは、モノ・コトについて、「実体・自性・自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(常見)のことであり、「無」というのは、モノ・コトについて、「無実体・無自性・無自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(断見)のことであります。

「実体・自性・自相」として、成り立っているモノ・コトは見当たらないことについては、改めてここで説明はもう致しませんが、問題は、「無実体・無自性・無自相」ということの理解について少し補足しておきたいと存じます。

それは、あくまでも「無実体・無自性・無自相」ということを説明しなければならない事態は、「実体・自性・自相」としてのあり方があるという執着を離させるための教説展開に過ぎないということであります。

そのため、「実体・自性・自相」は、非(無)「実体・自性・自相」であり、更には、非「無実体・無自性・無自相」であるということも「非有・非無の中道」においては、理解しておかなければなりません。

つまりは、「無実体・無自性・無自相」も非(無)「無実体・無自性・無自相」として、「無」ということにとらわれて、何か「無」というものがあるとしてしまう偏見も取り除かなければならないこととなります。

そこから、有、無、非有無、非有非無のそれぞれのあり方について、そのいずれもが成り立たない、執着できないという「空」を理解し、最高真理としての「勝義諦」は、戯論寂滅であるというところへと誘っていくこととなりますが、ツォンカパ論師の中観思想における、師の理解では、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という独自の解釈展開が行われます。

ここは非常にツォンカパ論師の中観思想を学ぶ上で重要なところであり、ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題を、ツォンカパ論師はどのようにして解決へと導くことができたのかを考えていかなければなりません。

・・

「中観論者には、主張が無い」とするツォンカパ論師以前の中観思想が占めようとしていた大勢的立場から、コトバの世界において、「非有・非無」について「勝義においては無であるが、言説(世俗)においては有である」として、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程をしっかりと学ぶことが、「深遠なる縁起の理法」を理解していく上でも誠に大切なこととなります。

・・

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾

2010年9月12日日曜日

「非有・非無の中道」について

「非有・非無の中道」・・ここの絶妙なるところにおける「深遠なる縁起の理法」の理解が、誠に仏教最大の要諦であります。

「有」というのは、モノ・コトについて、「実体・自性・自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(常見)のことであり、「無」というのは、モノ・コトについて、「無実体・無自性・無自相」というあり方であるということに極端に執着してしまった見方(断見)のことであります。

「実体・自性・自相」として、成り立っているモノ・コトは見当たらないことについては、改めてここで説明はもう致しませんが、問題は、「無実体・無自性・無自相」ということの理解について少し補足しておきたいと存じます。

それは、あくまでも「無実体・無自性・無自相」ということを説明しなければならない事態は、「実体・自性・自相」としてのあり方があるという執着を離させるための教説展開に過ぎないということであります。

そのため、「実体・自性・自相」は、非(無)「実体・自性・自相」であり、更には、非「無実体・無自性・無自相」であるということも「非有・非無の中道」においては、理解しておかなければなりません。

つまりは、「無実体・無自性・無自相」も非(無)「無実体・無自性・無自相」として、「無」ということにとらわれて、何か「無」というものがあるとしてしまう偏見も取り除かなければならないこととなります。

そこから、有、無、非有無、非有非無のそれぞれのあり方について、そのいずれもが成り立たない、執着できないという「空」を理解し、最高真理としての「勝義諦」は、戯論寂滅であるというところへと誘っていくこととなりますが、ツォンカパ論師の中観思想における、師の理解では、「非有・非無」は、世俗諦と勝義諦という二諦の解釈を踏まえた上で、「勝義としては、無(非有)であるが、世俗としては、有(非無)である」という独自の解釈展開が行われます。

ここは非常にツォンカパ論師の中観思想を学ぶ上で重要なところであり、ややもすれば、最高真理としての勝義諦は、「非有・非無」としての「戯論寂滅・言語道断」であるのだという理解の陥ってしまう不都合な問題を、ツォンカパ論師はどのようにして解決へと導くことができたのかを考えていかなければなりません。

・・

「中観論者には、主張が無い」とするツォンカパ論師以前の中観思想が占めようとしていた大勢的立場から、コトバの世界において、「非有・非無」について「勝義においては無であるが、言説(世俗)においては有である」として、「中観論者には、主張が有る」と明確に示すに至ったツォンカパ論師の考察過程をしっかりと学ぶことが、「深遠なる縁起の理法」を理解していく上でも誠に大切なこととなります。

・・

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixiコミュニティ「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教・学びの進捗状況全般参照
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/

集中的に再読していく論著集

「中論―縁起・空・中の思想(上・中・下)」三枝充悳著 レグルス文庫
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾

2010年9月7日火曜日

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」

仏教最大の真理要諦である「深遠なる縁起の理法」・「空性」の理解は、チベット仏教の顕教における中観帰謬論証派の学びにおいて、ある程度、進めることができて参りましたように存じております。これから、私の理解につきましてじっくり慎重に検証して参りたいと存じております。

・・

「縁起賛」ツォンカパ大師

〈縁起を〉見て、〈それを〉説かれたため、〈釈尊は〉無上の智者であり、無上の師である。〈故に、〉縁起を見て、それを説かれた勝利者〈仏陀〉に礼拝いたします。

この世のいかなる堕落も、その源は無明である 。〈縁起を〉見ることにより、それ〈無明〉を滅することができるため、縁起〈の教え〉が説かれた。

故に、知性ある者が、縁起の道こそ、あなた(釈尊)の教えの心髄であることを、どうして理解しないことなどあろうか。

そうであるならば、守護者であるあなたを賞賛するために、縁起を説かれたことよりもすばらしい方法を、いったい誰が見つけられようか。

「条件に依存しているものは、みなその自性は空である」。これよりも驚くべきどんな善き教えがあると言うのか。

凡夫たちはそれ(縁起)にとらわれて、極端論への束縛を堅固にする。賢者にとっては、それ(縁起)が戯論の網をすべて断ち切る門戸となる。

この教えは他に見たことがないので、師と名づけられるのは、あなた〈だけ〉である。キツネを獅子〈と呼ぶ〉ように、非仏教徒たち〈の場合〉もへつらいの言葉〈に過ぎない〉。

すばらしい師よ、すばらしい帰依よ、すばらしい最高の説法者よ、すばらしい守護者よ。縁起を善く説かれた師に、私は礼拝いたします。

救済者であるあなたは、有情を利益するために、教えの心髄である空を確信できる比類なき理由を説かれた。

縁起のありようを、矛盾や不成立と見る人たちは、あなたの体系をいったいどうやって理解できるというのか。

あなたの説では、空が縁起の意味であることを見たならば、自性が空であることと、〈すべてが〉正しく機能することは矛盾しない。

しかし、その逆を見たならば、空には機能が成り立たず、機能を果たすものは空ではないため、危険な崖から落ちる、と言われている。

故にあなたの教えでは、縁起を見ることが讃えられている。それはまた、何もないことでも、その自性から存在することでもない。

〈因と条件に〉依存しないものは、虚空の華のようである。故に、〈因と条件に〉依存しないものは存在しない。その自性によって成立しているならば、 その成立が因と条件に依存することに矛盾する。

「故に、〈他に〉依存して生じたのではない現象は何もないので、自性が空でない現象は何も存在しない」と〈あなたは〉言われた。

「現象に少しでも自性がある限り、自性を否定することはできないので、涅槃〈に至ること〉はできず、戯論を滅することもできない」と、〈あなたは〉言われた。

故に、自性はないと、獅子の声で繰り返し、賢者たちの集まりで善く説かれていることに、いったい誰が対抗できるのか。

自性が何もないことと、これに依存してこれが生じたという、すべての規定は正しい。この二つが矛盾なく集まることは言うに及ばない。

「縁起を理由に、極端論に依存しない」というこの善き教えは、守護者であるあなたが、無上の説法者である理由である。

このすべては自性が空であるということと、これからこの結果が生じた、という二つの確信は、互いに障りなく助け合っている。

これよりも驚くべきもの〈があるだろうか〉、これよりもすばらしいもの〈があるだろうか〉。こうしてあなたを賞賛することは、〈本物の〉賞賛であり、他はそうではない。

無知の奴隷となり、あなたを敵視する者が、自性がないという言葉に耐えられないことは驚くに足りない。

しかし、貴重な宝である、縁起というあなたの教えを受け入れながら、空のとどろきに耐えられないことは、私にとって驚くべきことである。

無自性〈の見解〉に導く扉である、無上の縁起というその名によって、もし自性にとらわれるなら、今その人を、

聖者たちが善く旅した、比類なき門戸であり、あなたを喜ばせるこの善き道にいかなる手段で導けばよいのか。

自性〈があり〉、〈因と条件によって〉作り出されたのではなく、〈部分に〉依存しないものと縁起し、〈部分に〉依存して、〈因と条件によって〉作り出されたもの、この二つが、ひとつの土台において矛盾することなく集まることなどできようか。

故に、〈他に〉依存して生じたものは、みな、無始の時より自性を離れているが、〈自性があるかの如く〉現れる。そこで〈釈尊は〉、これらはすべて幻
のようなものだと言われた。

あなたがこのように説かれたことに対して、反論者たちが論議をしかけても、法に基づいて論破することはできない、と言われたことも、これ (縁起の教え)によって〈私は〉よく理解した。

何故そうなのかと言うと、このように説明することで、見えるもの、見えないものなどの事物について、〈ないものを〉あるととらえたり、〈あるものを〉ないととらえたりすることを遠ざけておられるからである。

あなたの教えが比類なきものである、ということを見た理由は、縁起というこの道であり、〈あなたが〉説かれた他の教えも、正しい認識であるという確信が生じる。

あるがままに見て善く説かれた、あなたに従って修行する者たちに、すべての堕落は遠ざかっていく。すべての過失の源が退けられるからである。

あなたの教えに背を向ける者たちは、たとえ長い間苦労を重ねても、過失を呼び戻しているようである。〈それは〉我見が堅固なためである。

ああ、賢者たちが、この二者の違いを理解したならば、その時〈彼らが〉心の底から、あなたを尊敬しないことなどあろうか。

あなたの多くの教えについては言うまでもなく、その一部の意味だけから 大まかな確信を得る者たちにも、最高の幸せを与える。

ああ、私の心は無知に打ち負かされている。このようなすばらしい資質の集まり〈であるあなた〉に、長い間帰依をしたけれど、その資質の一部さえ得ることはなかった。

しかし、死に向かって近づいていく、命の流れが止まってしまうまでに、あなたへのわずかな確信を得られたなら、それだけでも恵まれたことだと考える。

世に現れた仏陀たちが、〈他の師よりも卓越していた〉ように、師の中でも、縁起を説いた師、智慧の中でも、縁起の智慧、この二つが卓越していることを、あなた〈だけ〉が善く知っておられ、他〈の師たち〉は知らない。

あなたが説かれたすべての教えは、縁起から始めて入るものである。それもまた、涅槃のためであり、〈有情の堕落を〉鎮めない行ないは、あなたにはない。

ああ、あなたの教えは、誰の耳に届いても、すべての人が静寂を得るため、あなたの教えを維持することを光栄に思わない者などあろうか。

すべての反論者たちを克服し、前後に矛盾がなく、有情に二つの目的を与えるこの体系に、わたしの喜びは増していく。

このために、あなたは、ある時はからだを、別の時は命を、そして愛しい者や所有物なども、〈三〉阿僧祗劫にわたって何度も繰り返し与えられた。

その〈教えの〉すぐれた資質を見て、釣り針が魚を〈引きあげる〉ように、〈釈尊の〉お心が〈強く〉引かれて説かれた教えを、あなたから聞けなかったのは残念なことである。

その嘆きの激しさは、母の心が、愛しい子供のこと〈だけ〉を追いかけるように、私の心をとらえて離さない。

この〈嘆き〉もまた、あなたのお言葉を思い出して、「〈三十二〉相〈八十〉種好の栄えある〈仏陀の〉しるしで輝き、光の網に完全に包まれ、師の清らかなお声で、

これをこのように説かれた」と思うと、そのような釈尊のお姿が心に浮かぶだけで、月の光が熱の苦痛〈を癒すように〉〈私の心は〉癒される。

このようなすばらしい善き体系にも、賢くない人たちは、〈もつれた〉つる草のように、どの面からも完全に混乱してしまう。

これを見て、私は多くの努力を積み、賢者たちのあとに従って、あなたの真意を繰り返し求めた。

そのような時、中観派と実在論者たちの多くのテキストを学んだが、再び疑問の網に〈とらわれて〉、私の心は絶え間なく苦しめられた。

有と無の極端を滅した、あなたの無上の乗り物を、あるがままに解説すると予言されたナーガールジュナのテキストは、夜咲く睡蓮の庭のようである。

汚れなき智慧のマンダラは満ち、教えはさえぎられることなく虚空を飛び、極端論者の心の闇を晴らし、誤った説法者たちの星座群より強く輝く。

〈そのような〉チャンドラキールティの善説という、一連の白い光によって明らかにされたことを、ラマの恩によって見た時、私の心は休息を得た。

すべての行ないの中で、お言葉の行ないが最もすぐれたものである。その中でもまた、このお言葉であるため、賢者たちはこれ(縁起の教え)によって仏陀を思い起こすべきである。

その師に従って出家して、勝利者の教えを劣らず学び、ヨガ行に精進する比丘である〈私は〉、その偉大な修行者をこのように尊敬いたします。

無上なる師の教えにこのように出会えたのは、ラマの恩によるものなので、この功徳もまた、すべての有情たちが、聖なる精神の導師によって守られる因となるように廻向いたします。

この救済者の教えが、この世の終わりまで、悪い考えの風で動じることなく教えの本質を理解して、師に対する信頼を得た者たちで、常に満たされますように。

縁起のありようを明らかにされた、釈尊の善き体系を、すべての生を通してからだや命を捧げてでも維持し、一瞬たりとも手放すことがありませんように。

「この最高の指導者が、はかり知れない困難な〈行を実践され〉、精力的な努力によって達成されたこの〈教え〉を、いったいどのような手段によって高めていけるだろうか」と熟考することで、昼も夜も過ごすことができますように。

清らかですぐれた決意により、このように努力しているので、梵天、帝釈天など世俗の守護神や、大黒天などの護法尊もまた、絶え間なく常に助けてくれますように。

・・

「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」ツォンカパ大師

至尊の諸上師に頂礼し奉る。

勝者(仏陀)のあらゆるお言葉の心髄の義、
正しき仏子(菩薩)らが賛嘆する道、
解脱(迷いと苦しみから完全に解放されること)を欲する有縁の者たちが
船出する波止場に喩うべき
それ(「道の三要訣」)を、私ができるだけ説き明かそう。

輪廻(迷いと苦しみの世界)の幸福に執着せず、
有暇具足(仏道修行に適した境遇)を無駄にせぬよう
精進(努力)することによって、
勝者のお喜びになる道を信奉する
有縁の者たちは、清らかな心をもって聴聞せよ。

清浄なる出離がなければ、
輪廻の苦海に幸福の果実を追い続け、
それを鎮める方便(手段)はない。
輪廻に愛着する煩悩で、
有情(あらゆる生き物)らは悉く束縛されているため、
最初に出離を追求すべきだ。

有暇具足は得難く、
しかも一生は瞬く間に過ぎ去ると
心で習熟することにより、
今生の些事への執着はなくなるだろう。

因果が偽らずに応報する輪廻のさまざまな苦しみを
再三にわたって思うならば、
後生(来世)の些事への執着もなくなるだろう。

そのように習熟することで、
輪廻の栄華を願う心など一刹那たりとも起こらず、
昼夜を通じていつも解脱を追求する智慧の生じたそのときこそ、
出離が起きたのである。

その出離も、
清浄な発心(菩提心)で支えなければ、
無上菩提(仏陀の覚り)の円満な楽を得る因とならぬゆえ、
智慧者らは優れた菩提心を発するのだ。

恐るべき四暴流(欲望や無知などの煩悩)に押し流されて、
避け難い業の堅固な束縛に身動きもならず、
我執という鉄の網に囲まれて、
無明(無知)の闇の果てしなき暗黒に覆い尽くされている・・

無辺の輪廻に生まれかわりを繰り返し、
三苦(普通の苦しみ、変化する苦しみ、普遍的苦しみ)に絶え間なく苛まれ、
今なおこのようになっている母〔なる一切衆生(生きとし生けるものすべて)〕の
ありさまを思いやり、
それから最勝心(菩提心)を発し給え。

真理を了解する般若(智慧)を具えなければ、
出離や菩提心に習熟したとて
輪廻の根を断ち切ることはできないので、
そのために縁起(あらゆる存在が他に依存して成立すること)を了解する方便を
尽くすよう努めるべきだ。

輪廻と涅槃(迷いと苦しみから解放された世界)の
諸法(さまざまな存在)一切の因果は常に偽らぬと観じつつ、
縁ずる依処(実体として認識される対象)は何であれすべて滅したとき、
それこそ仏陀がお喜びになる道へ入ったのである。

顕現(現われたこと)の因果に偽りがないことと、
空(あらわる実在に実体がないこと)を認めるという、
これら二つの離れた理解が個別に現われている間は、
未だ牟尼(釈尊)の密意(真意)を了解していない。

いつか交互にではなく同時に、
縁起に偽りのないことを観じるのみで
信念をもって境の執し方(対象を実体として把握する習慣)をすべて滅するなら、そのときこそ見解の伺察(分析)は究竟するのである。

さらに、顕現(に実体がないこと)をもって
有の辺(存在に実体性を認めるという極端論)を排し、
空〔であるものが幻のごとく現われること〕をもって
無の辺(存在が全くの無だという極端論)を排し、
このように空性が因や果として現われる道理を知るならば、
辺執見(極端論に執着する見解)に捕われなくなるだろう。

そのように
「道の三要訣」の諸要点を自ら如実に了解したときは、
寂静処へ身を寄せて精進の力を発揮し、
究極のめざす境地を速やかに成就せよ。

我が子(弟子)へ・・

この教誡は、多聞の比丘ロサン・タクペー・ペル(ツォンカパ大師)が、ツァコ・プンポ・ガワン・タクパに授けたものである。

(和訳 齋藤保高氏 参照「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 法蔵館 2004」p5-10)

・・

「四つの捕われから離れる秘訣」サパン大師

聖なる師の御足に礼拝致します。

世間的には有暇具足の身体を得た。宝なる仏陀の教えに出会い、作意ではない心を起こし、今、錯誤のない修行をしなければならない。それにおいては、「四つの捕われ」から離れるための実践をすべきである。

それが何であるかと言えば、「第一に」今生に捕われないこと。「第二は」三界の輪廻に捕われないこと。「第三に」自身の利益に捕われないこと。「第四に」事物や相(現象、あるいは状況)に捕われないこと。

これらについて述べるなら、

今生は水の泡のようなもの
いつ死が訪れないとも限らず
永続するものと捉えてはならない

この三界の輪廻は
毒をもつ果実のようなもの
一時的には美味であるが
将来的には害をもたらす
それに捕われる誰もが誤りを犯す

自身の利益に捕われるのは
敵対者の息子を育てるようなもの
一時的には歓びであっても
究極(将来)的に自身に害をもたらすことが決定している

それゆえ、自身の利益に対して捕われたとしても
一時的に幸せでも、究極(将来)的には三悪趣に墜ちる

事物と相(現象、あるいは状況)に捕われるのは
蜃気楼の水(逃げ水)に捕われたようなもの
それゆえ、一時的には出現するが
口にすることはできない

誤った意識に、この輪廻が現われても
智慧によって分析すれば
実体は一つとしてない

それゆえ、過去には心がなく、未来にも心はない
現在においても、心はないというように理解し
一切法(すべての存在)に対しては分別から離れることを知るべきである

そのようにすれば、今生に対して捕われることがなく
三悪趣に生まれることがない
三界の輪廻に捕われることがなく
輪廻に生まれることがない

自身の利益に捕われることがなく
声聞や縁覚に生まれることがない
事物や相(現象、あるいは状況)に捕われることがなく
素早く確実に正等覚(覚り)を得る。

(和訳 藤田省吾氏 参照「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 法蔵館 2004」p153-156)

・・

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

「縁起賛」・「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」・「四つの捕われから離れる秘訣」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/m/197611

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixi「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティでは、かなり熱く深い議論が展開されておりまして、少しずつですが有意義なコミュニティへとなりつつあります。私は忙しさにかまけてしまい、論考コメントが少なくなってしまっていますが、何とか盛り返していければと考えています。

現在、mixiにて「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティを運用させて頂いております。現在、mixiは、既に招待制度を廃止し、誰でも自由に加入できるようになっています。

「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

・・

集中的に再読していく論著集

「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾

2010年9月6日月曜日

「四つの捕われから離れる秘訣」サパン大師

前回にツォンカパ論師「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」をご紹介させて頂きましたが、続きまして、同じく仏道修行の実践へ向けまして重要な内容が扱われております、サパン大師「四つの捕われから離れる秘訣」もご紹介させて頂きたく存じます。解説は「ラムツォ ナムスム」と同様に出典の「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 法蔵館」に詳しくなされております。是非、ご参照下さいませ。

「四つの捕われから離れる秘訣」サパン大師

聖なる師の御足に礼拝致します。

世間的には有暇具足の身体を得た。宝なる仏陀の教えに出会い、作意ではない心を起こし、今、錯誤のない修行をしなければならない。それにおいては、「四つの捕われ」から離れるための実践をすべきである。

それが何であるかと言えば、「第一に」今生に捕われないこと。「第二は」三界の輪廻に捕われないこと。「第三に」自身の利益に捕われないこと。「第四に」事物や相(現象、あるいは状況)に捕われないこと。

これらについて述べるなら、

今生は水の泡のようなもの
いつ死が訪れないとも限らず
永続するものと捉えてはならない

この三界の輪廻は
毒をもつ果実のようなもの
一時的には美味であるが
将来的には害をもたらす
それに捕われる誰もが誤りを犯す

自身の利益に捕われるのは
敵対者の息子を育てるようなもの
一時的には歓びであっても
究極(将来)的に自身に害をもたらすことが決定している

それゆえ、自身の利益に対して捕われたとしても
一時的に幸せでも、究極(将来)的には三悪趣に墜ちる

事物と相(現象、あるいは状況)に捕われるのは
蜃気楼の水(逃げ水)に捕われたようなもの
それゆえ、一時的には出現するが
口にすることはできない

誤った意識に、この輪廻が現われても
智慧によって分析すれば
実体は一つとしてない

それゆえ、過去には心がなく、未来にも心はない
現在においても、心はないというように理解し
一切法(すべての存在)に対しては分別から離れることを知るべきである

そのようにすれば、今生に対して捕われることがなく
三悪趣に生まれることがない
三界の輪廻に捕われることがなく
輪廻に生まれることがない

自身の利益に捕われることがなく
声聞や縁覚に生まれることがない
事物や相(現象、あるいは状況)に捕われることがなく
素早く確実に正等覚(覚り)を得る。

(和訳 藤田省吾氏 参照「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 法蔵館 2004」p153-156)

・・

以前に、仏教最大の真理要諦である「深遠なる縁起の理法」を賛嘆なされたツォンカパ論師の「縁起賛」につきまして載せさせて頂きました。この度は、修行の要訣である「出離」・「菩提心」・「正見」についてツォンカパ論師が端的にご説明なされている「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」をご紹介させて頂きます。仏教を学ぶ者にとっては欠かせない大切な修行実践へといざなわせる重要な内容でございます。解説は出典の「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 春秋社」に詳しくなされております。是非、ご参照下さいませ。

「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」

至尊の諸上師に頂礼し奉る。

勝者(仏陀)のあらゆるお言葉の心髄の義、
正しき仏子(菩薩)らが賛嘆する道、
解脱(迷いと苦しみから完全に解放されること)を欲する有縁の者たちが
船出する波止場に喩うべき
それ(「道の三要訣」)を、私ができるだけ説き明かそう。

輪廻(迷いと苦しみの世界)の幸福に執着せず、
有暇具足(仏道修行に適した境遇)を無駄にせぬよう
精進(努力)することによって、
勝者のお喜びになる道を信奉する
有縁の者たちは、清らかな心をもって聴聞せよ。

清浄なる出離がなければ、
輪廻の苦海に幸福の果実を追い続け、
それを鎮める方便(手段)はない。
輪廻に愛着する煩悩で、
有情(あらゆる生き物)らは悉く束縛されているため、
最初に出離を追求すべきだ。

有暇具足は得難く、
しかも一生は瞬く間に過ぎ去ると
心で習熟することにより、
今生の些事への執着はなくなるだろう。

因果が偽らずに応報する輪廻のさまざまな苦しみを
再三にわたって思うならば、
後生(来世)の些事への執着もなくなるだろう。

そのように習熟することで、
輪廻の栄華を願う心など一刹那たりとも起こらず、
昼夜を通じていつも解脱を追求する智慧の生じたそのときこそ、
出離が起きたのである。

その出離も、
清浄な発心(菩提心)で支えなければ、
無上菩提(仏陀の覚り)の円満な楽を得る因とならぬゆえ、
智慧者らは優れた菩提心を発するのだ。

恐るべき四暴流(欲望や無知などの煩悩)に押し流されて、
避け難い業の堅固な束縛に身動きもならず、
我執という鉄の網に囲まれて、
無明(無知)の闇の果てしなき暗黒に覆い尽くされている・・

無辺の輪廻に生まれかわりを繰り返し、
三苦(普通の苦しみ、変化する苦しみ、普遍的苦しみ)に絶え間なく苛まれ、
今なおこのようになっている母〔なる一切衆生(生きとし生けるものすべて)〕の
ありさまを思いやり、
それから最勝心(菩提心)を発し給え。

真理を了解する般若(智慧)を具えなければ、
出離や菩提心に習熟したとて
輪廻の根を断ち切ることはできないので、
そのために縁起(あらゆる存在が他に依存して成立すること)を了解する方便を
尽くすよう努めるべきだ。

輪廻と涅槃(迷いと苦しみから解放された世界)の
諸法(さまざまな存在)一切の因果は常に偽らぬと観じつつ、
縁ずる依処(実体として認識される対象)は何であれすべて滅したとき、
それこそ仏陀がお喜びになる道へ入ったのである。

顕現(現われたこと)の因果に偽りがないことと、
空(あらわる実在に実体がないこと)を認めるという、
これら二つの離れた理解が個別に現われている間は、
未だ牟尼(釈尊)の密意(真意)を了解していない。

いつか交互にではなく同時に、
縁起に偽りのないことを観じるのみで
信念をもって境の執し方(対象を実体として把握する習慣)をすべて滅するなら、
そのときこそ見解の伺察(分析)は究竟するのである。

さらに、顕現(に実体がないこと)をもって
有の辺(存在に実体性を認めるという極端論)を排し、
空〔であるものが幻のごとく現われること〕をもって
無の辺(存在が全くの無だという極端論)を排し、
このように空性が因や果として現われる道理を知るならば、
辺執見(極端論に執着する見解)に捕われなくなるだろう。

そのように
「道の三要訣」の諸要点を自ら如実に了解したときは、
寂静処へ身を寄せて精進の力を発揮し、
究極のめざす境地を速やかに成就せよ。

我が子(弟子)へ・・

この教誡は、多聞の比丘ロサン・タクペー・ペル(ツォンカパ大師)が、ツァコ・プンポ・ガワン・タクパに授けたものである。

(和訳 齋藤保高氏 参照「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説 法蔵館 2004」p5-10)

・・

ここ数日で、最近アマゾンで購入したダライ・ラマ14世師の亡命までの前半生を描いた映画「クンドゥン」とダライ・ラマ14世師の亡命生活の様子を描いたドキュメンタリー映画「サンライズ/サンセット」を観ることができました。

両者共に非常に色々と考えさせられる内容であります。特に後者におけるダライ・ラマ14世師の法話においては、チベット仏教哲学を学ぶ上でもかなり重要な内容が、誠に時間短い中ながらも扱われておりました。この二本は、「リトル・ブッダ」と「セブン・イヤーズ・イン・チベット」と共に是非とも皆様に観て頂きたいお薦め映画であります。

「講座 仏教思想1 存在論・時間論」の再々読中。

・・

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

ツォンカパ論師「縁起賛」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51729905.html

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixi「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティでは、かなり熱く深い議論が展開されておりまして、少しずつですが有意義なコミュニティへとなりつつあります。私は忙しさにかまけてしまい、論考コメントが少なくなってしまっていますが、何とか盛り返していければと考えています。

現在、mixiにて「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティを運用させて頂いております。現在、mixiは、既に招待制度を廃止し、誰でも自由に加入できるようになっています。

「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教最高峰の論理学・中観思想・・龍樹(ナーガールジュナ)論師以来の「中観思想・空思想」の発展について全般的な学びを進めていくために、色々と論題を設けて、意見交換・討議を行って参りたいと存じております。ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

仏教最大の要諦「縁起」の理法・・増益(過剰肯定)と損減(過剰否定)を離れて、「縁起」のありようを理解することが仏教最大の一大事であります。これが非常に難しい・・特に「世俗諦」と「勝義諦」の「二諦」の解釈の難しさとも通じるところであります。とにかく、ツォンカパ論師の中観思想の学びを更に進めて参りたいと存じます。

・・

集中的に再読していく論著集

「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾

2010年9月4日土曜日

「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」ツォンカパ論師

以前に、仏教最大の真理要諦である「深遠なる縁起の理法」を賛嘆なされたツォンカパ論師の「縁起賛」につきまして載せさせて頂きました。この度は、修行の要訣である「出離」・「菩提心」・「正見」についてツォンカパ論師が端的にご説明なされている「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」をご紹介させて頂きます。仏教を学ぶ者にとっては欠かせない大切な修行実践へといざなわせる重要な内容でございます。解説は出典の「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説」に詳しくなされております。是非、ご参照下さいませ。

「ラムツォ ナムスム(道の三要訣)」

至尊の諸上師に頂礼し奉る。

勝者(仏陀)のあらゆるお言葉の心髄の義、
正しき仏子(菩薩)らが賛嘆する道、
解脱(迷いと苦しみから完全に解放されること)を欲する有縁の者たちが
船出する波止場に喩うべき
それ(「道の三要訣」)を、私ができるだけ説き明かそう。

輪廻(迷いと苦しみの世界)の幸福に執着せず、
有暇具足(仏道修行に適した境遇)を無駄にせぬよう
精進(努力)することによって、
勝者のお喜びになる道を信奉する
有縁の者たちは、清らかな心をもって聴聞せよ。

清浄なる出離がなければ、
輪廻の苦海に幸福の果実を追い続け、
それを鎮める方便(手段)はない。
輪廻に愛着する煩悩で、
有情(あらゆる生き物)らは悉く束縛されているため、
最初に出離を追求すべきだ。

有暇具足は得難く、
しかも一生は瞬く間に過ぎ去ると
心で習熟することにより、
今生の些事への執着はなくなるだろう。

因果が偽らずに応報する輪廻のさまざまな苦しみを
再三にわたって思うならば、
後生(来世)の些事への執着もなくなるだろう。

そのように習熟することで、
輪廻の栄華を願う心など一刹那たりとも起こらず、
昼夜を通じていつも解脱を追求する智慧の生じたそのときこそ、
出離が起きたのである。

その出離も、
清浄な発心(菩提心)で支えなければ、
無上菩提(仏陀の覚り)の円満な楽を得る因とならぬゆえ、
智慧者らは優れた菩提心を発するのだ。

恐るべき四暴流(欲望や無知などの煩悩)に押し流されて、
避け難い業の堅固な束縛に身動きもならず、
我執という鉄の網に囲まれて、
無明(無知)の闇の果てしなき暗黒に覆い尽くされている・・

無辺の輪廻に生まれかわりを繰り返し、
三苦(普通の苦しみ、変化する苦しみ、普遍的苦しみ)に絶え間なく苛まれ、
今なおこのようになっている母〔なる一切衆生(生きとし生けるものすべて)〕の
ありさまを思いやり、
それから最勝心(菩提心)を発し給え。

真理を了解する般若(智慧)を具えなければ、
出離や菩提心に習熟したとて
輪廻の根を断ち切ることはできないので、
そのために縁起(あらゆる存在が他に依存して成立すること)を了解する方便を
尽くすよう努めるべきだ。

輪廻と涅槃(迷いと苦しみから解放された世界)の
諸法(さまざまな存在)一切の因果は常に偽らぬと観じつつ、
縁ずる依処(実体として認識される対象)は何であれすべて滅したとき、
それこそ仏陀がお喜びになる道へ入ったのである。

顕現(現われたこと)の因果に偽りがないことと、
空(あらわる実在に実体がないこと)を認めるという、
これら二つの離れた理解が個別に現われている間は、
未だ牟尼(釈尊)の密意(真意)を了解していない。

いつか交互にではなく同時に、
縁起に偽りのないことを観じるのみで
信念をもって境の執し方(対象を実体として把握する習慣)をすべて滅するなら、
そのときこそ見解の伺察(分析)は究竟するのである。

さらに、顕現(に実体がないこと)をもって
有の辺(存在に実体性を認めるという極端論)を排し、
空〔であるものが幻のごとく現われること〕をもって
無の辺(存在が全くの無だという極端論)を排し、
このように空性が因や果として現われる道理を知るならば、
辺執見(極端論に執着する見解)に捕われなくなるだろう。

そのように
「道の三要訣」の諸要点を自ら如実に了解したときは、
寂静処へ身を寄せて精進の力を発揮し、
究極のめざす境地を速やかに成就せよ。

我が子(弟子)へ・・

この教誡は、多聞の比丘ロサン・タクペー・ペル(ツォンカパ大師)が、ツァコ・プンポ・ガワン・タクパに授けたものである。

(和訳 齋藤保高氏 参照「チベット仏教 文殊菩薩の秘訣 ゲシュー・ソナム・ギャルツェン・ゴンタ解説」p5-10)

・・

ここ数日で、最近アマゾンで購入したダライ・ラマ14世師の亡命までの前半生を描いた映画「クンドゥン」とダライ・ラマ14世師の亡命生活の様子を描いたドキュメンタリー映画「サンライズ/サンセット」を観ることができました。

両者共に非常に色々と考えさせられる内容であります。特に後者におけるダライ・ラマ14世師の法話においては、チベット仏教哲学を学ぶ上でもかなり重要な内容が、誠に時間短い中ながらも扱われておりました。この二本は、「リトル・ブッダ」と「セブン・イヤーズ・イン・チベット」と共に是非とも皆様に観て頂きたいお薦め映画であります。

「講座 仏教思想1 存在論・時間論」の再々読中。

・・

教理の考察「蟻の瓶と象の瓶」(齋藤保高氏)・感想1-3
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51749171.html

チベット仏教ゲルク派 宗学研究所
http://rdor-sems.jp/
ポタラ・カレッジ 齋藤保高氏の個人サイト

「蟻の瓶と象の瓶」齋藤保高氏
http://rdor-sems.jp/index.php?%E8%9F%BB%E3%81%AE%E7%93%B6%E3%81%A8%E8%B1%A1%E3%81%AE%E7%93%B6

ツォンカパ論師「縁起賛」について
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51729905.html

「苦楽中道説について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51739221.html

「苦楽中道説について」補足
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51746333.html

中観帰謬論証派の学びのススメ
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51597159.html

mixi「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティでは、かなり熱く深い議論が展開されておりまして、少しずつですが有意義なコミュニティへとなりつつあります。私は忙しさにかまけてしまい、論考コメントが少なくなってしまっていますが、何とか盛り返していければと考えています。

現在、mixiにて「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」のコミュニティを運用させて頂いております。現在、mixiは、既に招待制度を廃止し、誰でも自由に加入できるようになっています。

「仏教・中観思想・空思想を学ぶ」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4629752

仏教最高峰の論理学・中観思想・・龍樹(ナーガールジュナ)論師以来の「中観思想・空思想」の発展について全般的な学びを進めていくために、色々と論題を設けて、意見交換・討議を行って参りたいと存じております。ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

仏教最大の要諦「縁起」の理法・・増益(過剰肯定)と損減(過剰否定)を離れて、「縁起」のありようを理解することが仏教最大の一大事であります。これが非常に難しい・・特に「世俗諦」と「勝義諦」の「二諦」の解釈の難しさとも通じるところであります。とにかく、ツォンカパ論師の中観思想の学びを更に進めて参りたいと存じます。

・・

集中的に再読していく論著集

「講座 大乗仏教7 中観思想」春秋社
「講座 大乗仏教9 認識論と論理学」春秋社
「講座 仏教思想1 存在論・時間論」理想社
「講座 仏教思想2 認識論・論理学」理想社
「大乗仏典14 龍樹論集」 中央公論新社
「チベット仏教哲学」松本史朗著・大蔵出版
「チャンドラキールティの中観思想」岸根敏幸著・大東出版社
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版
「ツォンカパ 中観哲学の研究1」
「ツォンカパ 中観哲学の研究2」
「ツォンカパ 中観哲学の研究3」
「ツォンカパ 中観哲学の研究4」
「ツォンカパ 中観哲学の研究5」
「般若経釈 現観荘厳論の研究」兵藤一夫著 文栄堂
「ダライ・ラマ 般若心経入門」ダライ・ラマ14世著、宮坂宥洪翻訳・春秋社
「ダライ・ラマの仏教哲学講義―苦しみから菩提へ」
 テンジンギャツォ著・TenzinGyatso原著・福田洋一翻訳・大東出版社
「チベット仏教成就者たちの聖典『道次第・解脱荘厳』解脱の宝飾」
 ガムポパ著・ツルティム・ケサン、藤仲 孝司共訳 UNIO
「心の迷妄を断つ智慧―チベット密教の真髄」
 チュギャム トゥルンパ著・宮坂宥洪訳
「チベット密教 修行の設計図」
 斎藤保高著・春秋社
「チベット密教 心の修行」
 ゲシェー・ソナム・ギャルツェン ゴンタ著、藤田省吾著 法蔵館
「チベット仏教 文殊菩薩(マンジュシュリ)の秘訣」
 ソナム・ギャルツェン・ゴンタ著 法蔵館
『ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章 』
 ダライラマ14世テンジンギャツォ著・マリアリンチェン翻訳 大蔵出版
「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ著・ツルティムケサン翻訳・藤仲孝司翻訳 UNIO
『「空」の構造 -「中論」の論理』立川武蔵著・第三文明社

施本シリーズ

施本「仏教・縁起の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/enginorikai.html
施本・「仏教・空の理解から学ぶ」
http://oujyouin.com/topengi.htm
施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」
http://oujyouin.com/buddhism1p.html
施本「佛の道」
http://oujyouin.com/hotokenomichi.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第三弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第二弾

これから更に仏教の学びを進めるための文献・第一弾