2008年5月31日土曜日

「『釈摩訶衍論』における「無念・正念」と「六無明」の意味」

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、現在、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集を随時読み進めております。

今日は下記の論考を読み進めました。かなり文量がありますので少し時間が掛かりそうであります。

「『釈摩訶衍論』における「無念・正念」と「六無明」の意味」

とにかく難解ですが、まずは一つ一つと考えております。

2008年5月30日金曜日

悩み苦しみを超えて

様々に人類の抱えている問題・・戦争・紛争・テロ・犯罪などの争い事、地球環境破壊・資源問題、地球温暖化問題、生命倫理問題などの悩み苦しみにつきましては、施本「仏教・空の理解」における「第八章・悩み苦しみを超えて」の考察において、私なりには自己決着を付けたつもりでありますが、しかし、まだまだ考察検証は繰り返して参りたいと考えております。

ミャンマー・サイクロン災害、四川省大地震の義援につきまして
http://oujyouin.com/gien1.htm

もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って、二元論的なところにとらわれて執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中にも陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無・非苦非楽の仏教的中道からは避けなければならないことであると考えております・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないとも存じます。もちろん当然に、虚無主義・悲観主義となってもいけません。とらわれ、執着を無くし、無分別・無差別・不二の平等による慈悲喜捨の実践が大切となります。

「施本「仏教・空の理解」・第九章・慈悲喜捨の実践について」

・・

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、現在、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集を随時読み進めております。

今日は下記の論考を半分ほど読み進めました。

『釈摩訶衍論』における「無念・正念」と「六無明」の意味」

とにかく難解ですが、まずは一つ一つと考えております。

・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月29日木曜日

島村大心師論考集読み進め

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集を随時読み進めております。

今日は下記の論考を読み終えました。

「無明即明」の論理構造―――『釈摩訶衍論』による理解

「『釈摩訶衍論』における「雑乱」の意味とその論理構造」

とにかく難解ですが、まずは一つ一つと考えております。

・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月28日水曜日

島村大心師論考集の読み進め

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集を随時読み進めております。

今日は下記の論考を半分ほど読み進めました。

「無明即明」の論理構造―――『釈摩訶衍論』による理解

とにかく難解ですが、まずは一つ一つと考えております。

・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月27日火曜日

島村大心師論考集

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集を随時読み進めております。

今日は下記の論考を読みました。

『釈摩訶衍論』の説く「一行者成正覚=一切衆生成正覚」の意味

とにかく難解ですが、まずは一つ一つと考えております。

・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月26日月曜日

現代仏教学を再生するためのホームページ論考集

施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察を進めていく上で、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集につきまして随時読み進めております。

いったん、これから更に仏教の学びを進めるための文献についてはお休みして、島村大心師の論考集をひとまず読み進めていくこととします。

意外にも読み進みまして、論文目次の4まで一気に読み終えました。また私の考察感想につきましては、全てを読み終えてからと考えております。

「『八千頌般若経』における能所・識別作用の止滅、と空(性)の意味―空(性)は相資相依のことではない―」

「初発心時便成正覚」の論理構造と本覚思想」―無明はそのままで直ちに明である ―

「唯識思想における真理の意味」―三性説は、般若空思想における能所識の止滅、と、真如空の実有を説いたもの―

「唯識思想の成立の根拠と染浄二分の依他性・転依」

・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月25日日曜日

「相互依存的相関関係、相依性」(相資相依)の縁起について

さて、施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察については進めております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献を読み進めていくと共に現在、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページにおけます論考集につきましても随時読み進めております。

そのまず第一である「『八千頌般若経』における能所・識別作用の止滅、と空(性)の意味――空(性)は相資相依のことではない ――」では、いわゆる縁起のありようについて、「相互依存的相関関係、相依性」(相資相依)も因果関係・依他起性と同様に世俗諦の扱いとして論じておられます。つまり、勝義諦(第一義諦)ではいかなる縁起の扱いも無く、もはや戯論が完全に滅されており、「相互依存的相関関係、相依性」(相資相依)の縁起のありようも当然に止滅しているということであります。

もちろん「相互依存的相関関係、相依性」(相資相依)の縁起のありようも完全に世俗諦の扱いとして施本「仏教・空の理解」を見直すのは可能でありますが、それは次回の施本へ向けての課題として今は留めておければと存じます。

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月24日土曜日

「慈悲喜捨・四無量心」

ミャンマー・サイクロン災害、四川省大地震の義援につきまして
http://oujyouin.com/gien1.htm

慈悲喜捨の実践は、どのような方においても、それぞれ、いかなる方法であっても、多い少ない、大きい小さいに拘わらず、とにかく何かできることからであります。

・・

「慈悲喜捨・四無量心」は仏教では実に重要な教えであり、煩悩を無くすためにも必要不可欠な実践となります。真に困って苦しんでいる者がいるならば、あらゆるとらわれ、執着を無くし、もちろん当然に我執も無くして、無分別・無差別・不二の平等による慈悲喜捨を行うことが大切となります。

施本「仏教・空の理解」・九、慈悲喜捨の実践について
http://www.hide.vc/sunya9.htm

・・「慈《じ》・悲《ひ》・喜《き》・捨《しゃ》は、四無量心《しむりょうしん》とも言われるものであり、悪い感情を静めて心を清らかにし、また煩悩を無くしていくためにも、仏教においては大切な実践になります。

 慈は、慈しむ心のこと、または友情心のこと、悲は、憐(哀)れむ心のこと、喜は、一緒に喜ぶ心のこと、捨は、偏見や差別を捨てる心、または平等で落ち着いた平穏な心のことであります。

 慈悲と二語で表されることもあり、この場合、慈は、慈しむ心で楽を与えること、悲は、憐(哀)れむ心をもって苦を抜くことで、抜苦与楽《ばっくよらく》とも言われます。喜捨も二語で表されることがあり、我執、偏見、差別を捨てて、一切のものに対して平等の心を持ち、共に喜びを分かち合うことであります。

 四無量心は、あらゆる全てのものに対して変わらない平等の慈しみ、優しさを持つこと、一切皆苦の中で、あらゆるものが苦しんでいることを憐(哀)れみ、「我」を捨てて「無我」を自覚し、「我執」・「妄執」・「愛執」などの執着も捨てて、煩悩を滅し、苦しみから解脱した喜びを共に分かち合うために必要な心のあり方を示す重要なものであり、涅槃へと向かうために、このことを常に念じ、実践することが大切となります。」・・

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月23日金曜日

ミャンマー・サイクロン災害、四川省大地震の義援につきまして

ミャンマー・サイクロン災害、四川省大地震の義援につきまして
http://oujyouin.com/gien1.htm

もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って、二元論的なところにとらわれて執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中にも陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無・非苦非楽の仏教的中道からは避けなければならないことであると考えております・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないとも存じます。もちろん当然に、虚無主義・悲観主義となってもいけません。とらわれ、執着を無くし、無分別・無差別・不二の平等による慈悲喜捨の実践が大切となります。

このことにつきましては、施本論著の内容をご参照して頂ければと存じます。

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

これから更に仏教の学びを進めるための文献

ペースがかなりゆっくりになってしまっていますが、「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」にまだ悪戦苦闘致しております。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

2008年5月22日木曜日

チベット学校建設推進協会・四川省大地震救援金

毎月少しばかりの寄付を継続させて頂いておりますバイマーヤンジンさんのチベット学校建設推進協会・四川省大地震救援金の募集に応じさせて頂きました。無け無しに過ぎなくて誠に申し訳ない限りであります。

チベット学校建設推進協会さんサイト
http://yangjin.jp/

四川省大地震救援のため、ご協力お願いいたします!
http://blog.goo.ne.jp/yangjin2/d/20080515

今も学校の倒壊によりたくさんの子供が傷つき、亡くなっています。
困っている人がいれば、民族に関係なく、手を差し伸ばさなければなりません。

チベット学校建設推進協会としても支援活動をすることにしました。

四川省大地震救援金のご寄付
郵便振替 
口座番号 00980-6-144786
口座名称 チベット学校建設推進協会
※郵便局にある「払込取扱票」の通信欄には必ず「四川省大地震救援金」と明記してください。

まずバイマーヤンジン自ら100万円を出し、最初の救援金とさせていただきました。

今年の8月には被災地に向かう予定です。

皆様のご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。

・・

毎月、バイマーヤンジンさんからは、心温まるお礼のお葉書、お手紙を賜っております。学校建設の経過についても定期に出される報告書を読まさせて頂いております。

この度の四川省大地震では、バイマーヤンジンさんのご親族の方も震源地に非常に近いところで被災されたとブログ日記の報告にございました。ご親族の方は何とかご無事とのご報告もありました。また多くの被災されました方々のこれからの生活、学校再開などへ向けまして大変な状況になってしまっています。困っている方へのバイマーヤンジンさんの救援呼びかけに応じさせて頂きました。

郵便振替受領書


・・

ミャンマー・サイクロン災害、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願いまして、これまでにジャパンネット銀行の救援募金にそれぞれ応じさせて頂きました。更に私なりにできるだけのことはと考えております。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

中国四川地震義援金の受け付けについて・ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080516.html
日本赤十字社を通じて被災者救済のために寄付されることとなります。

ミャンマーサイクロン被害救援金の受け付けについて・ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080509.html
日本ユニセフ協会を通じて被災者救済のために寄付されることとなります。

もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って、二元論的なところにとらわれて執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中にも陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無・非苦非楽の仏教的中道からは避けなければならないことであると考えております・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないとも存じます。

このことにつきましては、私の仏教についての施本論著の内容をご参照して頂ければと存じます。

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

生きとし生けるものたちが、幸せでありますように。

川口 英俊 合掌 平成20年5月22日

2008年5月21日水曜日

日本テーラワーダ仏教協会さん

仏教・空の理解から更に仏教の学びを進めていきますために、下記文献の読解と平行して、日本テーラワーダ仏教協会さんの初期仏教の学びにつきましても、機関誌、スマナサーラ長老師の法話集、著書を中心として随時読み進めさせて頂いております。とにかく一つ一つと考えております。

日本テーラワーダ仏教協会さんサイト
http://www.j-theravada.net/

これから更に仏教の学びを進めるための文献

まだ「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」を読み進めております。とにかく理解できなくとも、とりあえず一通り五月中には下記文献を早期に読み終えたいと考えております。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月20日火曜日

「生死事大 無常迅速 各宣醒覚 謹莫放逸」

施本「仏教・空の理解」を著せて、私的には仏教考察について少し一段落着いた感はありますが、「生死事大 無常迅速 各宣醒覚 謹莫放逸」。とにかく更に仏教真理の理解を深めていかなければならないと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

まだ「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」を読み進めております。とにかく理解できなくとも、とりあえず一通り五月中には下記文献を早期に読み終えたいと考えております。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月19日月曜日

「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」

施本「仏教・空の理解」を著してから、自身、この世の存在・現象の見方が大きく変わったのは確かであります。それまで、俗世の中でとらわれて、こだわって、固執していたことが、少しずつながらもほどけてきたからであるかもしれません。とにかく未熟者、まだまだこれからであります。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

まだ「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」を読み進めております。とにかく理解できなくとも、とりあえず一通り五月中には下記文献を早期に読み終えたいと考えております。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月18日日曜日

般若心経の理解

さて、施本「仏教・空の理解」から、浅学非才、未熟者の私なりにもかなり「空」の理解が進んだのは確かであります。また般若心経の理解が進みましたのもまた確かであります。

しかし、それは本当の意味で理解が進んだのかどうかとは全く別問題であります。この未熟者、更に反省、検証、再考察していかなければならないと考えております。

・・

ミャンマーのサイクロン、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きます。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

また更に何とか私なりにできる限りで義援を行いたいと考えております。

中国四川地震義援金の受け付けについて・ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080516.html
日本赤十字社を通じて被災者救済のために寄付されることとなります。

ミャンマーサイクロン被害救援金の受け付けについて・ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080509.html
日本ユニセフ協会を通じて被災者救済のために寄付されることとなります。

天変地異・・もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中に陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無の仏教的中道からは避けなければならないことであります・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月17日土曜日

現代仏教学を再生するためのホームページ

さて、施本「仏教・空の理解」から、更に仏教の真理についての考察は続けております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献を読み進めていくと共に現在、注目しておりますのが、島村大心師のサイト・現代仏教学を再生するためのホームページの内容であります。実に難解なる論考集でありますが、少しずつ理解していければと考えております。

・・

ミャンマーのサイクロン、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きます。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

天変地異・・もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中に陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無の仏教的中道からは避けなければならないことであります・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月16日金曜日

四川省大地震の義援金

ミャンマーサイクロン被害救援金と同様に、誠に少ない額でありますが、ジャパンネット銀行・四川省大地震の義援金募集に応じさせて頂きました。

中国四川地震義援金の受け付けについて・ジャパンネット銀行
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080516.html
日本赤十字社を通じて被災者救済のために寄付されることとなります。

四川省大地震・・被害状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・

ミャンマーのサイクロン、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きます。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

天変地異・・もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中に陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無の仏教的中道からは避けなければならないことであります・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月15日木曜日

四川省大地震・・

施本「仏教・空の理解」から更に仏教の考察を進めております。

四川省大地震・・被害状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・

ミャンマーのサイクロン、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きます。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

天変地異・・もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中に陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無の仏教的中道からは避けなければならないことであります・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

四川省大地震前兆宏観状況(可能性として)

「大地震をカエルが予知?=数十万匹が大移動-中国四川省」・時事通信・Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080513-00000100-jij-int

「カエル集団移動に地震雲「予知現象あった」とネットが当局批判」YOMIURI ONLINE・gooニュース
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20080513-567-OYT1T00601.html

甘肃天水地震前半小时天空出现彩云
四川省大地震・前兆地震雲?彩雲?・youtubeより
http://www.youtube.com/watch?v=u43I4YRMmDM

あれだけの巨大地震、やはり何らかの前兆現象があってもおかしくないと考えます。

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月14日水曜日

天変地異・・

ミャンマーのサイクロン、四川省大地震にてお亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きます。お亡くなりになられました方々、被災されました方々の苦しみが少しでも無くなりますように、心から御供養申し上げます。

天変地異・・もちろん、自然摂理は自然摂理であるがままであるため、そのことに対して、色々と虚妄分別して思惟・思慮・感情を持って執着してしまうのは、当然に迷妄の苦しみの中に陥ってしまうため、諸行無常なることでもあり、非有非無の仏教的中道からは避けなければならないことであります・・明日は我が身と常に心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月13日火曜日

四川省大地震・・

四川省大地震・・お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。いち早い復興を願い、また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております・・ミャンマーのサイクロン、中国大地震と天変地異が続きますね・・明日は我が身と心得ておかなければならないと存じます。

しばらく休止しておりました地震予知研究、再開へ向けて検討を開始しております。

地震予知研究のページ
http://www.hide.vc/jishinyochi.html

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における災害・環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの災害・環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

現在読み進めております「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」、誠に難解ですが、とにかく読破したいと存じます。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月12日月曜日

「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」

ミャンマーのサイクロン被害、状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております。温暖化による被害増大の可能性もあります。誠に明日は我が身と心得ておかなければならないようにも思います。

誠に少ない額でありますが、ジャパンネット銀行・ミャンマーサイクロン被害救援金・被災者救済の寄付に応えました。
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080509.html

地球温暖化が顕著となってしまっている近年・・温暖化による被害はより甚大となり人類の脅威となるのは確実であります。

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」

本日に届きました。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月10日土曜日

ミャンマーサイクロン被害救援金

誠に少ない額でありますが、ジャパンネット銀行・ミャンマーサイクロン被害救援金・被災者救済の寄付に応えました。
http://www.japannetbank.co.jp/company/news2008/080509.html

ミャンマーのサイクロン被害、状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております。温暖化による被害増大の可能性もあります。誠に明日は我が身と心得ておかなければならないようにも思います。

地球温暖化が顕著となってしまっている近年・・温暖化による被害はより甚大となり人類の脅威となるのは確実であります。

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

昨日に届きました「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」、早速に読み進めてますが、実に難解なる内容であります・・

下記文献に「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」を更に加えることとしました。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「悟りへの階梯―チベット仏教の原典『菩提道次第論』」
 ツォンカパ (著)・ツルティムケサン・(翻訳)・藤仲 孝司 (翻訳) ・出版UNIO

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月9日金曜日

「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」

「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」を読み終えました。空の理解がまた少し進んだように思います。

「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」

本日に届きました。早速に読み進めてみようと思います。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
→「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
○「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月8日木曜日

「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」

「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」

本日に到着しました。早速読み進めてみようと思います。

ミャンマーのサイクロン被害、状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております。温暖化による被害増大の可能性もあります。誠に明日は我が身と心得ておかなければならないようにも思います。

地球温暖化が顕著となってしまっている近年・・温暖化による被害はより甚大となり人類の脅威となるのは確実であります。

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
→「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月7日水曜日

空の理解からの環境問題

ミャンマーのサイクロン被害、状況が明らかになるにつれて甚大な様相となってしまっています・・お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております。温暖化による被害増大の可能性もあります。誠に明日は我が身と心得ておかなければならないようにも思います。

・・

さて、地球温暖化が顕著となってしまっている近年・・温暖化による被害はより甚大となり人類の脅威となるのは確実であります。

施本「仏教・空の理解」「八、悩み苦しみを超えて」「九、慈悲喜捨の実践について」の章におきましては、空の理解から人類における環境問題についてのあり方についても考察させて頂きました。これからの環境問題への人類のあり方については、更に考察を継続して参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
→△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月6日火曜日

「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」

ミャンマーのサイクロン被害、お亡くなりになられました方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災されました方々には心からお見舞い申し上げます。また義援活動を私なりにさせて頂きたいと考えております。温暖化による被害増大の可能性もあります。明日は我が身と心得ておかなければならないようにも思います。

・・

これから更に仏教の学びを進めるための文献

「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」を読み終えました。難し過ぎることもなく、意外に読みやすかったですね。さて、まだ「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」は届いていませんので、とりあえずは難解なる「本覚思想批判」を少しずつまた読み進めていくことと致します。

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
→△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
○「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月5日月曜日

「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」

「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

本日に届きました。

早速に上記から読むこととし、ひとまず難解なる「本覚思想批判」はお休みにして、「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」を本日はまず一通り読み終えました。意外にも面白く読みやすかったですね。明日は「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」であります。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
△「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
○「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
→「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月4日日曜日

読書文献追記

これからの仏教の学びを進める上で、下記に挙げさせて頂いております文献に、更に三点を追加することと致しました。実に難解なる論考が続きますが、とにかく一歩一歩であります。

「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

これから更に仏教の学びを進めるための文献

読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
→「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
○「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版
▽「ウィトゲンシュタインから龍樹へ―私説『中論』」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「理性の限界内の「般若心経」―ウィトゲンシュタインの視点から」
 黒崎宏著・哲学書房
▽「ウィトゲンシュタインから道元へ―私説『正法眼蔵』」
 黒崎宏著・哲学書房

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月3日土曜日

「無常法―仏教思想研究」

さて、既に施本「仏教・空の理解」の内容についての執着を外しておりますが、とにかくこれまでの三作における考察の検証・反省も併せて進めて参ります。とにかく少しずつながらも一つ一つであります。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

「無常法―仏教思想研究」が本日に届きました。


読書の進捗状況
(→・進行中 ○・読み終え ○の数・一通り読んだ回数 △・中途停止 ▽・読み進める前)

○○「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
○○「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
△「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
→「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
○△「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
▽「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
△「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
▽「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月2日金曜日

「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」

さて、下記に挙げさせて頂いております文献に、「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」四津谷孝道著・大蔵出版も加えることと致しました。施本「仏教・空の理解」においては龍樹の中論から中観派の理論をこの浅学非才の未熟者なりにも学んでみましたが、更に深く学ぶには、その中観派の論考が後代においてもかなり進みましたチベット仏教に興味を持ったことと、北京オリンピックを前にチベット問題が憂慮すべき事態を迎えていますことも相まって、現在のチベット仏教の有りようについてもしっかりと学びを進められればと考えております。その端緒としてまず「チベット仏教哲学」を読み進めておりますが、やはりかなり難解なる論考であり、正直相当に苦戦致しております。しかし、とにかく学びを一歩一歩進めて参りたいと考えております。

3/15・チベット問題についての私のコメント・・

題「中道のアプローチ」

チベット仏教僧による大規模暴動がラサにて発生しました・・悲しいことに死者が多数に及んでいるとの情報もあり、誠に沈痛であり、遺憾に思います・・亡くなられました方のご冥福を心から御供養申し上げます・・犠牲者がこれ以上出ないことを祈るばかりであります・・チベット自治区に対しての中国側の対応、人権問題は誠に憂慮すべき事態となっています・・ダライ・ラマ14世が提唱している「中道のアプローチ」、平和的仏教中道の対話が前進して、双方の犠牲がこれ以上出ない安定的な解決へ向かうことを願う次第であります・・

平成20年3月15日 川口 英俊 合掌

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所ホームページ参照
http://www.tibethouse.jp/home.html

中道のアプローチ:チベット問題解決に向けての骨子
- Middle way Approach -
http://www.tibethouse.jp/cta/middleway.html

これから更に仏教の学びを進めるための文献

「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
「東洋哲学覚書 意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館
「ツォンカパの中観思想―ことばによることばの否定」
 四津谷孝道著・大蔵出版

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」

2008年5月1日木曜日

施本「仏教・空の理解」

さて、昨日に施本「仏教・空の理解」の発行出来が到着し、随時配布準備を進めております。もちろん既にホームページにも全文公開させて頂いておりますが、またネットをされていらっしゃらないお知り合いの方などにお渡しされたい方はお気軽に寺務所までお申し付け下さいませ。配布・送付させて頂きます。

私は既に施本「仏教・空の理解」の内容の執着は外し、次の論考に入っておりまして、下記文献を随時読み進めております。かなり難解な論考もあって、なかなかこの浅学非才の未熟者では理解の至らぬ点も多々でありますが、とにかくしっかりと進めて参りたいと考えております。

これから更に仏教の学びを進めるための文献

「大乗起信論」
 宇井伯寿・高崎直道訳注・岩波文庫
「東洋哲学覚書意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学」
 井筒俊彦著・中公文庫BIBLIO
「縁起と空―如来蔵思想批判」
 松本史朗著・大蔵出版
「本覚思想批判」
 袴谷憲昭著・大蔵出版
「大乗仏教の根本思想」
 小川一乗著・法蔵館
「チベット仏教哲学」
 松本史朗著・大蔵出版
「無常法―仏教思想研究」
 矢島羊吉著・以文社
「龍樹・親鸞ノート」
 三枝充悳著・法蔵館

施本「仏教・空の理解」
http://oujyouin.com/sunyatop.htm




一、はじめに
二、仏教の基本法理・四法印の理解
三、空論・空仮中の三諦について
四、世俗諦・勝義諦(第一義諦)の二諦について
五、而二不二《ににふに》・再考察
六、無分別について・再考察
七、生と死を超えて
八、悩み苦しみを超えて
九、慈悲喜捨の実践について
十、諸法実相・真如について
十一、最後に

施本「佛の道」
施本「仏教 ~ 一枚の紙から考える ~」